ルールもデザインもスタイリッシュなカードゲーム「ZERO -ゼロ」

公開日: : さ行, ボードゲーム

DSC_9368

今回のゲームはライナー・クニツィア (Reiner Knizia)作「ZERO -ゼロ」

最近テンデイズゲームズさんから日本語版が発売しましたので、入手はしやすいと思います。

原版はスタイリッシュなデザインでしたが、日本語版もオリジナルを崩さずカッコいいです。

ゲームのルールはシンプルです。

詳しいルールは他サイト様が書いてくださっていると思うのでざっくり紹介します。

カード構成は1~8までのカードが7色分あります。

カードは各プレイヤー9枚配られて、場には5枚のカードを表にして並べます。

それ以外の余ったカードはゲームには使用しません。

DSC_9376

この場のカードと手札のカードを交換していき、手札に役を作っていきます。

自分の番にできるのは、以下の2つのうち1つ。

 

1.交換: カードを1枚場に出し、場から1枚手札に加える。

2.ノック:机をノックして、カードを交換せずパスをする。

 

ゲームの目的はいかに手札のマイナス得点を減らせるかというものです。

ゲーム終了時に手札の数字の種類分マイナス得点になります。

例えば8が3枚、2が4枚、1が2枚の場合は、マイナス11点となります。

マイナスを減らす方法として、

DSC_9381

同じ数字を5枚以上集めると、その数字は0点となります。上の写真の例であると、8と5でマイナス13点となります。

DSC_9380

同じ色のカードを5枚以上集めても0となります。この場合も13点。

そして、上の2つの条件を組み合わせると…

DSC_9382

0点となります。

エレガント!

ゲームの終了条件は、2回目のノックが行われたら、最後に各プレイヤー1手番ずつ行いゲームが終了。

2回目のノックはゲーム終了の合図ということですね。

最もマイナス得点が少ないプレイヤーが勝利。

 

■プレイした感想

ルールはすごくシンプルでかつ美しい。

ノックすることをゲームに取り入れているのでなんかカッコいい(厨二病)。

実際にプレイしてみると、ゼロを作るのはかなり難しい。

しかも、ノックを2回することでゲームが終了するため、え!もう終わり!となることが多かったです。

他の人が集めていそうなものを出すと、他の人に有利な状況を作り出してしまいますが、それよりもいつ終わるか分からないので手札のリスクを減らすことを優先させてしまうもどかしさ。

といっても、みんな手札のリスクを減らそうと必死なので、そこまでジレンマがあるわけではない印象。

ちょっとだけ物足りないかな。

しかし、ルールはシンプルでプレイ感もかなり軽いので、気楽にできる点はいいですね。

デザインやノックもカッコいいのでバーなどでやったらいい絵がとれるかも。

日本語版も出ているので入手しやすいため、気になる方はプレイしてゼロを作ってみてください。

 

ゼロ 日本語版

関連記事

美麗な車両をつなげるカードゲーム「ヤードマスター」レビュー

先日キックスターターで出資したカードゲーム「ヤードマスター」が到着し、コンポーネントレビュー

記事を読む

最近購入したボードゲーム2016.11編

どうも、秋吉です。ご無沙汰しています。 最近多忙で更新できていませんでした。(

記事を読む

ただ数字タイルを重ねるだけなのに悩ましい…「ナンバー9」

今回紹介するゲームは、「ナンバー9」です。 ゲームのタイトル

記事を読む

ゲーム初心者にもおすすめなパズルゲーム「オン・ザ・ドット」

人が集まることが多くなるこの季節。みんなでゲームでわいわいやりたいですよね。 そこで、シンプル

記事を読む

kickstarterで出資してた「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」が届く

kickstarterにて今年の2月に出資をした「This Town Aint Big Enough

記事を読む

さぁ、踊り狂え!チーム戦が熱いカードゲーム「ダンシングドラゴン」

今回はチーム戦が熱いパーティーゲームよりのカードゲーム、「ダンシングドラゴン」を紹介。

記事を読む

さらにスリリングな業火の中へ ザゲームの拡張「ザ・ゲーム オンファイヤー(The Game On Fire)」

今回紹介するのは、協力型カードゲーム、「ザゲーム(The Game)」の拡張、

記事を読む

脳をフル活用しろ!思考系ボードゲーム「マイクロロボット」

今回紹介するのは、ボードゲーム「マイクロロボット」です。 「ハイパーロボット」

記事を読む

斬新なルールで盛り上がること間違いなしなカードゲーム「いかさまゴキブリ」

  今日は斬新なルールが特徴のカードゲーム「いかさまごきぶり」を紹介します。

記事を読む

よってたかって毒薬を…カードゲーム「ポイズン(POISON)」

今回は手軽にじりじりとした駆け引きが楽しめるカードゲーム、ポイズン(POISON)を紹介。 ポ

記事を読む

未公開札で一喜一憂2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」

今回紹介するのは、2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」で

人間の感覚など当てにならない!?色の割合の高い順に並べていくカードゲーム「イリュージョン」

今回紹介するのは、小箱カードゲーム「イリュージョン」です。

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑