こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

公開日: : か行, ボードゲーム

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)1998

です。

憎めないカエルのイラストが…

■ルール概要

マストフォローのトリックテイキングです。切り札無し。

スートごとにカード構成が若干違います。各スートの8のカードにはカエルのイラストが。各スート一枚ずつでこのカエルを取ると得点がもらえます。

自分が出したカエルを(リードでもフォローでも)獲得すれば8点。他のプレイヤーが出したカエルを取ると3点です。

自分が出したカエルをしっかり獲得していくことが勝利への近道です。

また、カエル関係なく1トリックにつき1点。

このゲームの味付けとなっているのが、カードを出すとき裏向きで伏せて出すことが許されている点。

また、裏向きで出した場合、数字のみ嘘をつくことが可能。

リードプレイヤーが裏向きで出した場合は(リードカラーは正確な宣言しなければならない)、

マストフォローですが、色関係なく出された数字の中で1番大きな数字を出したプレイヤーが勝利します。

規定点数獲得したプレイヤーが出た時点でゲーム終了。

■プレイした感想

最近プレイしたトリテの中ではかなり面白かったです。シンプルなルールながら、熱い心理戦もあり奥が深い。

裏向きで出してもいい、数字については嘘をついてもいいというところがかなりいいスパイス。

カエルは自分が出したて獲得した場合の得点がかなり高い。しかし、カエルなんか出したらみんなとりに行くのは当たり前。

だから基本は裏向きでしれっと出すのが定番なのですが、この出すタイミングが難しい。

カエルのナンバーは8で、実はこのゲームの最高数字は9。スートによって9の数は違いますが複数枚あります。

カードの力だけでは基本的にはカエルは9に劣ってしまいます。なので、9が枯れるのを待ったり、ブラフでカエルを出します宣言をしまくって、

その中で本物を混ぜたりと、他プレイヤーを欺いてトリックを取らないといけないわけです。

9を相手に使わせるためにカエルを匂わせたりと、カエルを出すまでの下準備は大変。その間に他のプレイヤーがカエルをシれっと出してくることもあるので、

自分のことばかりに集中はNG

このカエルを獲得するまでの心理戦が楽しいゲームでした。他プレイヤーを出し抜いてカエルを獲得したときは、かなりテンションあがってしまいました。

箱が少し異大きいのとカードが薄いのがマイナスですが、それを除けばかなり好みの作品でした。

 

見つけたら買いましょう賞

 

 

トランプゲーム大全 amazon

関連記事

黄金のパイナップルって何ぞ?「ピニャ・ピラータ」レビュー

タイトル:ピニャ・ピラータ プレイ人数:2~6 今回レビューするのは、カードゲーム「ピニ

記事を読む

ゲーム初心者にもおすすめなパズルゲーム「オン・ザ・ドット」

人が集まることが多くなるこの季節。みんなでゲームでわいわいやりたいですよね。 そこで、シンプル

記事を読む

ノリと勢いと反射神経で 簡単で盛り上がるパーティーゲーム「リングスアップ!」

今回遊んでみたのはお手軽パーティーゲーム「リングスアップ」です。

記事を読む

美麗な車両をつなげるカードゲーム「ヤードマスター」レビュー

先日キックスターターで出資したカードゲーム「ヤードマスター」が到着し、コンポーネントレビュー

記事を読む

石を採石して船に積んでレッツゴー「イムホテップ」

今回紹介するのは、エジプトテイスト漂うゲーム「イムホテップ」です。 イムホテッ

記事を読む

毒々しいモンスターたちが村に襲ってくるカードゲーム Peasant Buffet

kickstarterにて個性のある絵柄のカードゲームPeasant Buffetが出資を募っていま

記事を読む

2月1日すごろくやから「ナンジャモンジャ」日本語版発売決定

2月1日にすごろくやさんから、キモキャラに名前を付け合うロシアのカードゲーム

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドルフ氏の名作「ドメモ」の木製バー

記事を読む

kickstarterで出資してた「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」が届く

kickstarterにて今年の2月に出資をした「This Town Aint Big Enough

記事を読む

名前を呼ぶだけで大盛り上がり 混ぜて遊べる「ナンジャモンジャ2」

お手軽パーティーゲーム、ナンジャモンジャのシリーズ2、「ナンジャモンジャ2」をご紹介。 ロシア

記事を読む

人間の感覚など当てにならない!?色の割合の高い順に並べていくカードゲーム「イリュージョン」

今回紹介するのは、小箱カードゲーム「イリュージョン」です。

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

賄賂、裏切りで友情ぶち壊しの交渉ゲーム「イントリーゲ」

今回紹介するゲームは「イントリーゲ」です。 St

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑