神々の遊びを始めよう!「Gods’ Gambit~神々の一手」

公開日: : 最終更新日:2015/08/13 か行, ゲーム, ボードゲーム, レビュー

今回購入したカードゲームは「Gods’ Gambit~神々の一手」というゲームです。

世界から注目を浴びているゲームデザイナーカナイセイジさんの作品です。

先日私も海外のクラウドファンディングであるキックスターターを見てたら、

Gods’ Gambitが出資を募っていたので、見てみたらラブレターでおなじみのナカイセイジさんのゲームでした。

これは…と思い調べて見たら日本で発売するじゃん…!予約!てなかんじで購入。
届いてからだいぶ放置してましたが、開封してみました。

P6221001

これが神々の戦いだ!

アークライトさんから出ています。価格は確か2000円半ばくらいです。

P6221002

まじめなだけでは勝ち抜けない!?

2~6人でプレイできます。人数が多いほど面白いと思います。対象年齢は10歳からとなっていますが、

用語が少し難しいのを考慮してだと思うので覚えてしまえば幅広い年代の方ができるゲームだと思います。

しかし、設定、用語が若干ゲーマーズゲーム感でてます。

P6221003

開封!

内容物は、ゲームカード100枚、カード名能力一覧表6枚、ブランクカード2枚、説明書となっております。

ゲームカード以外はおまけなのでスリーブに入れる際などは100枚あれば十分だと思います。
カードバリアー【Card Barrier】カードバリア100【スタンダードサイズ】
カードバリアー【Card Barrier】カードバリア100【スタンダードサイズ】

自分は安いのでこのスリーブにしましたが、できればハードスリーブであったほうがいいです。サイズは66X91くらいでちょうどいいと思います。

このゲームのルールはUNOに似ています。番号が書かれた4色、白、黒、赤、青のカードがあり手札のカードを早くなくせばゲーム終了です。

 

P7051010

 

おっさん祭り

4色のカードがあります。番号も基本的には1~9まであります。

 

P7051009

 

1以外は効果つきです。

P7051011

 

これはワイルドカードで、場のカードを好きな色にできるカード。UNOでもありますね。

 

■基本的なゲームの流れ

P7051013

 

まずカードをシャッフルして1人7枚ずつ配ります。配り終えたら山札のカードを1枚めくりそれが場のカードとなります。

上の写真は1が場のスタートカード。

手番にできることは、ゲーム中の用語を使って説明すると

①解消:場札と同じ色のカードもしくは、色は違うけれど同じ数、またはワイルドカードを場札に出す。

②使役:カードの効果を使う

①か②どちらかを使うことができます。

また①か②を行う前にカードを1枚引いてからアクションを起こすことも可能です。

P7051014

おっさんこっちみるな

①解消を行う場合

手札がこのような場合は、場札が青の1であるので、白の1を出すか、青の7を場札に出すことができます。

 

P7051015

②使役:カードの効果を使う場合

カードにはそれぞれテキストがついており、その効果を使うこともできます。

 

 

P7051017

 

聖騎士を使う場合

自分前に使ったカード置き場を設けます。そこに順次使ったカードを置いていきます。ゲーム内用語を使うと、カルマ場といいます。

赤5聖騎士を使うと指定したプレイヤーに2枚カードを引かせることができます。強い!

P7051018

効果を使ったカードは自分のカルマ場にどんどん置いていきます。

効果を使いまくったほうがすぐ勝てるんじゃね??このような疑問があると思いますが、

ここがゲームの核心であり、ゲームをうまく進めていく大切なポイントとなります。

勝利条件を振り返ると、手札を早くなくした人が出た時点で終了です。しかし、手札をなくせなかった人たちはペナルティを受けなければなりません。

自分の使ったカルマ場にあるカードの数字の分だけペナルティを受けます。上写真の場合は22点。

手札をなくしてあがった人は0点となり、3ラウンドゲームを行い一番ペナルティポイントが多い人が負けといわけです。

P6221004

こんな風に紙に書いていこう!

 

そのような理由でばしばし強いカードを使っていると、手札をなくしてあがれなかった場合膨大なペナルティポイントを背負うことになります。

P7051012

 

あとゲームの終了条件としてもうひとつあって、このラッパ吹きというカードが4枚出た時点で終了です。このカードを引いた場合はすぐ公開してよけて起きます。かわいい。

 

そんなわけでうまくカードを使って相手を妨害して早く上がるか、カードを使わず場に出すだけでペナルティを背負わず真面目に手札をなくすかなど戦略はその状況に応じてたくさんあります。

様々な駆け引きがあるので単純なルールですがなかなか骨のあるゲームとなっています。

■気になったカード紹介!

P7051019

 

①中二秒全開!闇の力

悪魔や死霊などはカードを任意のプレイヤーにたくさん引かせることができますが、解消ができないすなわち、効果を使うしか処理する方法がなく、

ペナルティポイントもかなり大きいので代償が大きいです。まさに闇の力。邪心は-30だ!!

P7051022

②癒し系女神

-30とペナルティは大きいですが、効果が相手から妨害を受けたときその効果を跳ね返すことができます。

かなり強い!しかも普通にワイルドカードとしても使えるので切り札的存在間違いなし。イラストもかわいい。

P7051020

③萌えっこ2

このカードは自分が使ったカルマ場のカードを相手のカルマ場に押し付けるカード。このカードがあれば、ペナルティが大きいカードでもがんがん使えるぞ!

ワイルドカードというところも見逃せない。

P7051021

④嫌がらせカード

このカードはそのまま-20点を相手に押し付けるカード。序盤で使うと大抵防御されるので、

防御カードが枯渇してきたと思ったタイミングで使うと大体うまくいく(経験則)

P7051016

⑤肉

このカードはカルマ場の好きなカードの効果を使うことができるイラストの顔同様いやらしいカードだ!この王族は下は白タイツをはいていると見た。

 

■まとめ

P7051023

 

相手プレイヤーに干渉する効果が多いのでソロプレイ感は少ない印象を受け、わいわい盛り上がってプレイできました。

やはり相手の妨害は盛り上がります。

いくつかのゲーム内用語があるが、プレイしていれば誰でもすぐに覚えられる程度なので問題はないですね。

パーティーゲームなので妨害しあって泥仕合をすることで盛り上がったりするゲームなので人数は大いにこしたことはないですね。

しかし、問題点があり、相手の妨害をしないで淡々とカードを出していた方が勝ててしまう点。ゲームを繰り返しやってるうちに各々その点に気づき急に静かなゲームへ(笑)

特殊効果付きゲームに置いて効果を使わない方が勝ちやすいというのは少し問題ですね。

わいわい妨害しあって盛り上がることに重きを置いているプレイヤー間なら盛り上がると思います。

ゲームとしては…

か、可愛い女の子のイラストが好きな方は是非プレイしてみてください!
Gods' Gambit~神々の一手~
Gods’ Gambit~神々の一手~

関連記事

さぁ、踊り狂え!チーム戦が熱いカードゲーム「ダンシングドラゴン」

今回はチーム戦が熱いパーティーゲームよりのカードゲーム、「ダンシングドラゴン」を紹介。

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドルフ氏の名作「ドメモ」の木製バー

記事を読む

秋葉原で無料配布していたカードゲーム「Force of Will」でレアカードを狙う

先日秋葉原に出向いたときに、ホビーショップイエローサブマリンでカードゲームを配っていたので貰っ

記事を読む

秋葉原の駿河屋アニメホビー館グランドオープンにボドーゲームを求めて突入

ネット通販でおなじみの、格安ホビーショップ駿河屋。 その駿河屋の実店舗が秋葉原

記事を読む

カルディ食品福袋2014開封レビュー

2014年お正月!新年の幕開け! お正月といったら福袋! 毎年多くの人がお店の開店前に長

記事を読む

1番くじの景品だからって侮れないクオリティ「魔法少女まどか☆マギカmagiccraftⅡマグカップ」

数年前に社会現象になったほど話題になった、魔法少女まどか☆マギカ通称まどマギ。

記事を読む

kickstarterで出資した「ヤードマスター(Yardmaster)」が到着

僕はそこそこの頻度でクラウドファンディングサイトkickstarterにてボードゲームやカードゲーム

記事を読む

チョコレートの可能性 「タバスコ スパイシーダークチョコ」

日々様々なフレーバーのチョコレートが陳列棚に現れは消える多種多様なチョコレート市場ですが、 今

記事を読む

美麗なイラストと不思議な世界観 協力型2人用ゲーム「そして二人は手を取り合って」

本日取り上げるゲームは2人用協力型ゲーム「そして二人は手を取り合って」です。

記事を読む

ノリと勢いと反射神経で 簡単で盛り上がるパーティーゲーム「リングスアップ!」

今回遊んでみたのはお手軽パーティーゲーム「リングスアップ」です。

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

ヴィレッジバンガード福袋2018を仕方がなく開封レビュー

あけましておめでとうございます。秋吉です。 昨年

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑