言葉のチョイスでエージェントの居場所を伝えろ!協力パーティーゲーム「コードネーム」

公開日: : 最終更新日:2016/04/13 か行, ボードゲーム

今回取り上げるのは、協力パーティーゲーム「コードネーム」です。

DSC_0383

日本語版が出てからしばらく積んでいたのですが、先日ようやくプレイすることができました。

DSC_0382

画像が見づらくてすみません…

このような単語が書いてあるカードを5×5行列ににして並べます。

このゲームは協力型対戦ゲームです。各チーム(赤、青)、2人でチーム戦をします。チーム内で協力する意味での協力ゲームですね。

各チームスパイマスター役と現場諜報員役で役割分担をします。

DSC_0379

スパイマスター役はこのようなカードを見ます。このカードには仲間の現場諜報員に伝えるべきエージェントの居場所が描いてあります。

このカードは先ほどの5×5行列のコードネームのカードの並びと一致しています。

赤い四角が、赤チームが仲間へ伝えなければいけないエージェントの居場所、青も同様です。

各チーム、スパイマスター約がヒントを出し、それを踏まえて現場諜報員役が自分のチームのあてなければならないコードネームを選びます。

相手チームよりもいち早く自分のチームのすべてのエージェントのコードネームを明らかにしたチームが勝利です。

 

ヒントを出す際の制約は、コードネームにある単語を使ってはいけないという制約があります。

ヒントの例として、海、空のヒントとして、青2枚などのヒントを出します。

回答側は1枚正解すれば連続回答も可能で、ヒントの枚数+1枚回答することが出来ます。

先ほどの例で言うと、青2枚なので3枚まで連続回答することが出来ます。

また、相手チームのカードを選んでしまった場合は、そのカードが明らかになるので、相手チームが1枚有利になります。

空白の場所は一般人なので、選んだ瞬間ターン終了で相手のターンへ移ります。

黒い場所は暗殺者。このコードネームを選んでしまった瞬間ゲームオーバー。選んだチームの負けが決定します。

 

■プレイした感想

パーティーゲームですが、結構頭を使う部類のパーティーゲーム。

個人的にスパイマスター側が難しい!特定の言葉だけに共通したワードを考えなければいけないので難しかったです。

僕は苦手でしたが、得意な人は本当にうまいなぁと感心してしまうレベル。

コードネームの描いてあるカードはかなりの枚数あり、さらに両面刷りなのでリプレイ性はかなり高いと思います。

一応4人から推奨ですが、ルールブックに2,3人用のルールも書いてあるので少人数プレイも出来るみたいです。

スパイマスター側はヒントを考えるの少々難しいので、お子様と遊ぶ場合は回答者側の現場諜報員役をお子様がやったほうがいいなという印象。

現に推奨14歳以上ですし。

大人同士のプレイならパーティーゲームですがそれ以上の濃いかなり熱いゲームができるとおもいますよ!おすすめです。

 

コードネーム 日本語版

関連記事

僕が2017ゲムマ秋に予約&購入予定しているゲームたち

どうも秋吉です。 2017年ゲームマーケット秋まで残り1週間を切ったわけですが

記事を読む

ゲームマーケット2016春が近づいてきましたね 予約したものとか

2016年5月5に東京ビックサイトにて行われる、アナログゲームの祭典、ゲーム

記事を読む

カルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」

kickstarterにてカルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough

記事を読む

第5回東埼玉ボードゲーム会レポート!

どうも秋吉です。 僕が主催させていただいているボードゲームオープン会「東埼玉ボ

記事を読む

美麗な車両をつなげるカードゲーム「ヤードマスター」レビュー

先日キックスターターで出資したカードゲーム「ヤードマスター」が到着し、コンポーネントレビュー

記事を読む

深い数字の読みあい心理戦カードゲーム「ブクブク」

今回とりあげるのは、カードゲーム「ブクブク(Turn the Tide)」です。

記事を読む

社員に給料を払うのがつらい…「ナショナルエコノミー」

先日ゲームマーケット2015秋にて、「ゲーム工房スパ帝国」さんから購入してきた「ナショナルエ

記事を読む

よってたかって毒薬を…カードゲーム「ポイズン(POISON)」

今回は手軽にじりじりとした駆け引きが楽しめるカードゲーム、ポイズン(POISON)を紹介。 ポ

記事を読む

神々の遊びを始めよう!「Gods’ Gambit~神々の一手」

今回購入したカードゲームは「Gods' Gambit~神々の一手」というゲームです。 世界から

記事を読む

ゲームマーケット2017秋に行ってきた感想

どうも秋吉です。 ゲームマーケット2017秋にいってきました。

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

ヴィレッジバンガード福袋2018を仕方がなく開封レビュー

あけましておめでとうございます。秋吉です。 昨年

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑