お正月に遊びたい手軽なアナログゲーム5選

公開日: : ボードゲーム

お正月は親戚や友人が集まる機会が多いと思います。

みんなでまったりテレビを見たり、wiiなどのビデオゲームをするのも一つの過ごし方ですが、

人が集まった時こそ僕が推奨するのがアナログゲームです。

ゲームのルールが簡単でさくっと老若男女ができるゲームを選んでみました。

1.お正月といえばカルタですが…

 子供もできる「おばけキャッチ」

さくっとできるゲームとして、まず「おばけキャッチ」をお勧めします。

ルールは簡単で、お題カードに描かれている駒を誰よりもはやく取るだけ!

そしてお題カードに描かれている駒がなかったら(色違い等)、そのお題カードに描かれていない物をを取るという非常にシンプルなルールです。

ちょっとひねられたカルタみたいな感じです。

駒も木製でありルールも簡単なことからお子さんも参加できますし、ひねりもあるので大人も熱中して楽しめます。

また、おばけキャッチ2という続編もあり、混ぜて遊べるため1に飽きても2を買えば長く楽しめます。

僕も1,2,3持ってますが幅広い人にウケがいいので普段ゲームをしない人にも勧めやすい印象。

2人から8人まで参加できます。

 

2.地獄の我慢大会「インフェルノ」

ルールが簡単なカードゲームです。カードには5色であり、それぞれに1〜5のいずれかの数字が書いてあります。

1人12枚手札を持ち、スタートプレイヤーから1枚づつカードを出していくのですが、スタートプレイヤーの出したカードと同じ色か同じ数字のカードしか出すことができません。

カードを出せなくなったら場に出ているカードを引き取らなければなりません。引き取ったカードの枚数がマイナス得点となります。

また、地獄の赤いカードというものが1〜5の数字で存在するのですがそれを引き取る場合は、その数字の値分マイナス得点となります。

プレイヤーはカードを出すことができても自主的に場のカードを引き取ることは可能で、早いタイミングで引き取ることで、マイナス得点を少なくするなど駆け引きもあり面白いゲームとなっています。

 

僕も好きなボードゲーム界の巨匠ライナークニツィア博士の作品で、しばらく入手困難であった所、

昨年テンデイズゲームズさんの所で日本語版のリメイクが発売されましたので今は入手しやすいと思います。

イラストには賛否両論あり若干エロいイラストのカードもありお子様に向いているかいないかなど議論もあるみたいですが、

僕がプレイした所ゲームに熱中したせいかあまりイラストに気を配る暇がなかったこともあり、

そこまで気にする所ではない気もします。

人数が多い方が盛り上がるゲームなのでパーティーゲームに最適です。

3.ちょっとじっくりゲームをしたい時は…

 ラクダのレース「キャメルアップ」

2014年ドイツ年間ゲーム大賞でで大賞をとった輝かしい作品。

ラクダのレースの順位を予想して賭けて、一番お金を手に入れた人が勝ちというゲームです。

じっくりできるゲームなのですが、ルールが簡単であり、テンポもいいのでプレイ感は軽いです。

プレイ感は軽めですが、

他者との絡みやダイス目から最善手を選び確率に賭ける所は奥が深く、さすがドイツゲーム大賞をとった作品であるなと納得させられます。

ラクダの順位に一喜一憂できて、ドンデン返しや、大穴狙いなど盛り上がる要素が多くかなり面白いゲームとなっています。

また、ダイスを振るコンポーネントが凝っており、ピラミッドの中にダイスを入れて振るというギミックもあり、

視覚的にも素敵な作品となっています。

4.お子様と対等に戦える「ドブル」

ルールはめちゃくちゃ簡単で、円形のカードにたくさんのイラストが描いてあり、自分の前に置いてあるカードと山札のカードを見比べて同じ絵柄を探すだけです。同じ絵柄を見つけたらそのカードをゲットできて、最も多くカードを手に入れた人の勝ちというルールです。

ルールが非常に簡単であり、言語依存がないため小さい子でもプレイ可能です。

また、同じ絵柄を見つけるだけというシンプルなルール故に、大人も子供も対等な立場で勝負することができます。

ルールもいくつか入っているので十分に楽しめますね。

絵柄もディズニーなど様々なもが発売されており、最近ではアナと雪の女王がテーマのドブルも発売されています。

5.未年!

 羊を1000匹に増やす1人用ゲーム「シェフィ」

僕みたいに友達が少なくてもできるゲームがこの1人用ゲーム、シェフィです。

やっぱり未年ということで新年は羊がテーマのゲームを!(バトルシープでも)

1人用のカードゲームで最善手をとり羊の数を1000匹まで増やすのがゲームの目的。

ルールも簡単で、人を集めなくてもさくっとプレイできるのがいい所。羊の絵がかわいいので癒されます。

難易度も程よいので万人におすすめです。

 

以上、お正月に遊びたいアナログゲームでした。

活字だけだとルールも分かりにくく面白さがあまり伝わらないと思うので機会があれば1つ1つ紹介記事など書いてみようかと思います。

どれもさくっと楽しめるゲームなので是非機会があったら遊んでみてください。

素敵なお正月を!

関連記事

一等地に先行投資?客の動きを読んでお店を開くボードゲーム「マラケシュ」

本日取り上げるのは、ドラのボードゲームマラケシュ(MarraCash)です。

記事を読む

皆で投票をしてルールを決めてトリックテイキング「ピサPISA」

今回紹介するゲームは「ピサ(PISA)」です。 このゲームはアドルングから19

記事を読む

「ロストレジェンド 完全日本語版」開封レビュー

昨年、2014年冬ごろにアメリゴと一緒に予約して2015年春先に発売される予定であった、ロス

記事を読む

アナログゲーマーのマストバイアイテム「トランプゲーム大全」

画面の前のアナログゲーマーの皆さんこんにちは。アキヨシです。 アナログゲーマーならぜひとも持っ

記事を読む

最後には全財産かけて勝負?ギャンブルゲーム「ラストチャンス」

本日は、ダイスを使ったギャンブルゲーム「ラストチャンス(Last Chance)/(Yahtzee

記事を読む

貴方のことを1番理解しているのはこの私…パーティーゲーム「ベストフレンドS」

先日、パーティーゲーム「ベストフレンドS」をプレゼントで頂いたのでご紹介。  

記事を読む

破産確定の自転車操業「ポンジスキーム」

今回紹介するのは、「ポンジスキーム」です。 「ポンジスキーム」

記事を読む

人間の目なんてあてにならないぜ「窓ふき職人」

今回紹介するのは、「窓ふき職人」です。 窓ふき職人 キッズゲー

記事を読む

言葉のチョイスでエージェントの居場所を伝えろ!協力パーティーゲーム「コードネーム」

今回取り上げるのは、協力パーティーゲーム「コードネーム」です。

記事を読む

kickstarterで出資してた「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」が届く

kickstarterにて今年の2月に出資をした「This Town Aint Big Enough

記事を読む

未公開札で一喜一憂2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」

今回紹介するのは、2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」で

人間の感覚など当てにならない!?色の割合の高い順に並べていくカードゲーム「イリュージョン」

今回紹介するのは、小箱カードゲーム「イリュージョン」です。

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑