簡単な神経衰弱のはずなのに…面白い…「メモアァーール!」

公開日: : ボードゲーム, ま行

今回紹介するのは、メモリー系ボードゲーム 「メモアァーール」です。

 

ルールは簡単!神経衰弱です!以上!と言いたいところですが一応ルールを紹介します。

生き物が5種類、背景が5種類それぞれの組み合わせで25枚のカードがあります。

これを5×5の正方形に並べます。真ん中のカードは裏向きにしてゲームから取り除きます。

ゲーム開始前に各プレイヤーは正方形のどこかの一片の中央3枚だけ見ることができます。

これを覚えていざゲームスタート。

スタートプレイヤーは好きなカードを1枚めくります。次のプレイヤーは前のプレイヤーがめくったカードの、生き物か、背景どちらか一致しているカードをめくらなければいけません。めくれたら次のプレイヤーの出番へ。もし、生き物も背景も一致しない場合はゲームから脱落します。最後まで生き残ったプレイヤーは勝利点カードをゲットして次のラウンドへ。

前のラウンドに表に向けられていたカードを全て裏向きにして、配置を変えずにゲームスタート。これを規定ラウンドやって1番勝利点を稼いだプレイヤーの勝利。

 

■プレイした感想

僕は個人的に記憶系の所謂メモリーゲームは興味が湧かずいつも買っていませんでした。

このゲームが出回り始めた時、メモリーゲームで面白いゲームがでたと聞いて、メモリーゲームにそんな話題になるようなゲームあるの!?覚えるか覚えないかでしょ??と思っていましたが、百聞は一見にしかず、とりあえず入手して遊びました。

確かに覚えるか覚えないかのゲームなのですがプレイ中、なにこれ面白いとワクワクしてプレイしていました。

メモリーゲームが苦手になる要因を考えてみると、覚える要素が多くて心が折れるパターンや記憶が得意なプレイヤーと苦手なプレイヤーで差が出てしまい、冷めてしまうなどがあげられます。

このゲームはその辺の障害要素を最小限に抑えられているのではないかと思います。

まず、めくらなければいけない対象が1つだけではないという点。前のプレイヤーがめくったカードと、背景か生き物どちらかがあってればいいので、

対象のカードを1枚でも覚えてればいいわけです。覚えていない場合でも適当にめくったら正解なんてこともあります。キリキリとすべて覚えていなくてはいけないわけではないのでプレイ感が軽いんですね。

また、次のラウンドもカードの位置を変更せずにプレイなため、ラウンドを経るごとにだんだん覚えてきてる達成感も得ることが出来ます。

脱落系ですが、カードも24枚しかないので、脱落しても待ち時間はたいしてなく、むしろ次のラウンドに向けて盤面を覚える作業があるため暇してる場合ではありません。

このように、ガチガチのメモリーゲームではなくパーティーゲームよりのゲームなので、メモリーゲームなのに万人受けする優秀なゲームだと思いました。

慣れてきたら拡張ルールもありますし、通常ルールでも立て続けに遊ぶと、前回の記憶と混同してコレもまた面白いゲーム展開になりますよ。

最近遊んだパーティーゲームの中ではかなりおすすめです。期待以上の作品でした。神経衰弱ですが、今後の定番ゲーム入りのオーラを感じました。

メモアァーール 日本語版 amazon

関連記事

しれーっとふせるのだ「そっとおやすみ」

今回紹介するのは、先日すごろくやさんから日本語版が出たパーティーゲーム「そっとおやすみ」です。

記事を読む

大人のパーティーカルカソンヌ「The Adults of Carcassonne」

「The Adults of Carcassonne」は大人向けのカルカソンヌです。

記事を読む

2月1日すごろくやから「ナンジャモンジャ」日本語版発売決定

2月1日にすごろくやさんから、キモキャラに名前を付け合うロシアのカードゲーム

記事を読む

皆で目撃者のフィーリングを読み取れ!「アンユージュアルサスペクツ」

今回取り上げるのは、協力型ゲーム「アンユージュアルサスペクツ」です。

記事を読む

ゲームマーケット2016春が近づいてきましたね 予約したものとか

2016年5月5に東京ビックサイトにて行われる、アナログゲームの祭典、ゲーム

記事を読む

以心伝心で数字を置ききれ!協力型カードゲーム「ザ・ゲーム(The Game)」

今回取り上げるのは、協力型カードゲーム「ザ・ゲーム(The Game)」です。

記事を読む

お洒落なコンポーネントでワードバトル「ニットウィット」

今回紹介するゲームは見栄え抜群のワードゲーム「ニットウィット」です。

記事を読む

特殊能力のオンパレードな度胸勝負「デッドマンズドロー」

今回紹介するのは、カードゲーム「デッドマンズドロー」です。 デザイン違いでドイツ語版も

記事を読む

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、 「カエルをよこせ」(Her

記事を読む

人間の感覚など当てにならない!?色の割合の高い順に並べていくカードゲーム「イリュージョン」

今回紹介するのは、小箱カードゲーム「イリュージョン」です。

記事を読む

人間の感覚など当てにならない!?色の割合の高い順に並べていくカードゲーム「イリュージョン」

今回紹介するのは、小箱カードゲーム「イリュージョン」です。

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

賄賂、裏切りで友情ぶち壊しの交渉ゲーム「イントリーゲ」

今回紹介するゲームは「イントリーゲ」です。 St

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑