素甘と聞いて君は何を思い浮かべるであろうか

公開日: : 最終更新日:2016/03/28 日常,

今回は僕が素甘の魅力について延々とぐだぐだと説く。

故に、素甘が嫌いな諸君はそっとブラウザを閉じるべし。

僕は素甘が好きだ。

 

まず素甘とは何かという基本的なことから説明したい。

素甘とは、東日本由来の餅菓子である。一般的にスーパーの和菓子コーナにそっとおいてあることが多い。

主観的には陰が薄いお菓子だと認識している。

大体ピンク色をしている。

味は何とも言えない薄甘い味。めちゃくちゃ旨いわけではないが、不味いわけでもない。

如何せん中途半端な味をしているため表現に困る。

僕が素甘を好きな理由はいくつかある。

 

まず1つめは、味が素朴なところにある。味が強すぎないため、どんなシーンでも合う。

想像していただきたい。

仕事の合間に素甘。スポーツの休憩に素甘。デートの合間に素甘。風呂上がりに素甘。

これが想像できない諸君は想像力が乏しいと自覚した方が良い。

とにかく、どんなシーンにも合うのが素甘なのだ。

味も、なんとも言えない味なので、(ボキャブラリーがないため表現できない)

食べていて飽きがこない。

そして、食べたくなくても気づいたら食べている時がある。謎の魅力に満ちているのが素甘だ。

1つ食べた時の満足度も高いため、小腹がすいた時のおともに推奨する。

噛みごたえもあるので口淋しさを紛らわすこともできる。禁煙中の旦那にお勧めだ。

 

2つめに素甘といネーミングの魅力がある。

素甘をひらがなに表現すると”すあま”である。

かわいい。

娘ができたらすあまにしたいほどであるが、

キラキラネームという独創的な名前たたきが主流なこのご時世であるの諦めることにする。

 

3つめは触感である。

すあまは柔らかい。触っていると落ち着くレベルである。

是非とも食べる前に触っていただきたい。特に男子中学生に推奨する。深い意味はない。

 

最後は色である。

素甘は基本的に薄いピンク色をしている。ピンク色をしているお菓子は稀少である。

日本菓子でピンク色をしているということで、海外で流行れば”kawaii !!!”とブームになること間違いなしのポテンシャルがある。

素甘のイラストが描いてあるTシャツを作れば外国人観光客が買ってくれることであろう。

僕が制作する際は出資を募る。

DSC_0330

以上の魅力をもって素甘は素晴らしいお菓子である。

若い子にはマイナーな菓子な故に、販売数は伸びず、今後流通量が減ることが懸念される。

それを防ぐためにも、素甘の良さが認知される必要がある。

現にamazonで素甘と検索したら、大人向けのDVDが検索結果に出てきた現状である。けしからん。

それ以前に、Amazonで販売していない疑惑。僕の検索方法が悪い可能性があるので見つけたら報告を。

この記事をみて、そこの君も素甘を食べたくなったはずだ。

さぁ、外に出て素甘を買いにいこう。

そして素甘を食べて君はこうつぶやくのだ。

まぁこんなもんか。

それが素甘なのだ。

関連記事

明けました2016年

明けましておめでとうございます。 新年の挨拶を4日にやるくらいゆるいブログですが、今年

記事を読む

大手町のカレー屋さんcampに行ってみた

どうもカレー好きです。 一日三食すべてカレーだったときもあります。 (ただの偏食

記事を読む

この星からまたゲーム屋が消えた

先日私のゆかりの地ともいえる近所のゲームやが閉店になりました。 閉店することを知ったの

記事を読む

ゲームマーケット2016春にいってきたでござる

先日5月5日に東京ビックサイトで行われたゲームマーケット春2016に参加してきました。

記事を読む

熊本にきました

友人の家を尋ねに熊本へぶらりぶらり。 人生初熊本なので、路面

記事を読む

スタミナ満点 めちゃうま台湾まぜそばが食べれる「はるか」秋葉原店

先日お昼時に秋葉原中央通りを歩いていたら目に入った、台湾まぜそばの看板。

記事を読む

夜の映画、レイトショーのすすめ

最近映画館で、映画をよく見ます。 この間までは、わざわざ映画館まで行って映画を見るのもかっ

記事を読む

第7回東埼玉ボードゲーム会レポート!

どうも秋吉です。突撃ラブハートを聞きながら執筆中。 パンクな

記事を読む

フリマの闇 メルカリで学生が制服を売りさばく

どうも、メルカリ特捜班の秋吉だ。 今回、嗅ぎつけた情報は、ど

記事を読む

くさすぎる!でもめちゃうまな「ぺヤングやきそば にんにくMAX」がたまらない

どうも、にんにく愛好家の秋吉です。 にんにく好きすぎて友人とにんにくパーティーしてるで有名な私

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

ヴィレッジバンガード福袋2018を仕方がなく開封レビュー

あけましておめでとうございます。秋吉です。 昨年

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑