特殊能力のオンパレードな度胸勝負「デッドマンズドロー」

公開日: : た行, ボードゲーム

今回紹介するのは、カードゲーム「デッドマンズドロー」です。

DSC_9853

デザイン違いでドイツ語版も買っちゃった。てへ

 

 

デザイナー:Derek Paxton,Leo Li,Chris Bray

プレイ人数:2-4人 プレイ時間:20分 対象年齢:10歳以上

この作品は、KickstarterにてMaydayGamesが出資を募り製品化されました。

DSC_9856

コンポーネントはカードのみ。なかなか味のある絵柄となっています。

■だいたいのるーる

まず、プレイヤーが担当するロール(役)を選びます。

DSC_9858

このロールカードをシャッフルし、各プレイヤーに2枚ずつ配ります。

配られたプレイヤーは二枚のうち、使用する1枚を選び自分の前におきます。

ロールによって特殊能力がそれぞれ異なります。

ゲームの主な流れは、ただカードを山札から引くだけです。

自分の手番になったら、山札から好きな枚数カードを表にします。

DSC_9859

ほれほれ

好きな枚数、表にして、好きなタイミングで回収し得点にすることが出来ます。

DSC_9860

回収!

各カードの種類ごとに分けておき、数字の大きい順に並べておきます。

このカードが得点となり、各カードの種類の中で1番大きな数字がそれぞれ点数となります。

ただ引くだけではゲームになりませんので、ルールがあり、

DSC_9862

同じ種類のカードが出てしまった時点で、すべてのカードは獲得することが出来なくなり(バースト)、

手番が終了します。

欲張りすぎてはいけないということですね。

これを繰り返して、山札がなくなるまで手番を繰り返し1番得点を稼いだ人の勝利です。

基本、運ゲーなのですが、一味きいており、各カードに特殊能力がありゲームを少し、濃いものにしています。

カードをめくるたびに、その絵柄に対応した特殊能力がその都度発生します。

例えば、先ほどの、

DSC_9860

水晶のカードは、引いたときに山札の次のカードを確認する効果が発生します。

これによってバーストを防げたりするわけです。

剣のカードは他のプレイヤーのストックからカードを奪い、今引いている列に加えることが出来ます。

その他、ほぼすべてのカードに何かしらの効果があります。

また、最初のロールカードにはそれぞれ特殊能力があり、そのロールを担当しているプレイヤーのみが効果を使用することが出来ます。

■プレイした感想

プレイ感は、基本的にはよくあるバースト系のゲームと同じです。

引いて、あー!うきゃーとか一喜一憂するゲームですね。

しかし、効果が盛りだくさんなのでただのバースト系のゲームよりは複雑です。コンボなど組めるので考える要素が結構ありますね。

しかし、海賊ゲームなのでやはり大味で、わいわい気軽に楽しむことが出来ます。

プレイヤー間攻撃が出来るので、ここで好き嫌いが出るかもしれませんが、個人的にはそんなバチバチした印象は受けませんでした。

とにかく特殊効果が多いので、特殊効果表を人数分用意して最初のうちはみんなで確認しながら進めたほうがいいです。

ある程度把握してくればサクサク進みます。

あとロールのカードは個人的にはいらないと思います。ただでさえ特殊能力が多いので…笑

通常プレイにおなかいっぱいなってきたら、ロールを入れるくらいでいいと思います。

バース系ゲームで、一味複雑なゲームをやって見たいという方はおすすめです。

あと、iOSアプリもあります。無料みたいなので、プレイ環境がある方はまずはアプリで試してみてはいかがでしょうか。

アプリストアへ

 

デッドマンズドロー 日本語版

先日、日本語版も出たそうですよー。

関連記事

カルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」

kickstarterにてカルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough

記事を読む

ゲームマーケット2015秋に参加してきたよー

先日、11月22日、いい夫婦の日に東京ビックサイトで行われたゲームマーケット2015秋に参加

記事を読む

地理も学べる!うんちくクイズバトルゲーム「テラ~わたしたちの地球」

今回取り上げるのは、雑学クイズゲーム「テラ(TERRA)~わたしたちの地球」です。  

記事を読む

さらにスリリングな業火の中へ ザゲームの拡張「ザ・ゲーム オンファイヤー(The Game On Fire)」

今回紹介するのは、協力型カードゲーム、「ザゲーム(The Game)」の拡張、

記事を読む

お正月に遊びたい手軽なアナログゲーム5選

お正月は親戚や友人が集まる機会が多いと思います。 みんなでまったりテレビを見たり、wiiなどの

記事を読む

「ロストレジェンド 完全日本語版」開封レビュー

昨年、2014年冬ごろにアメリゴと一緒に予約して2015年春先に発売される予定であった、ロス

記事を読む

Kickstarterにてボードゲーム「Tiny Epic Kingdoms」へ出資した

皆さんご存知、アメリカの共同出資サイトKickstarter 商品開発や新プロジェクトを進める

記事を読む

ホットドッグを売りさばけ おなかが減ってくるカードゲーム「ホットドッグ HOT DOG」

今回は僕のお気に入りのカードゲームを紹介したいと思います。 HOT D

記事を読む

名作ボードゲーム「ガイスター」のポーランド版を入手してみた

ボードゲーム好きの方ならご存知、巨匠アレックスランドルフ先生の名作、「ガイスター」。

記事を読む

ワインに合うゲーム?「チーズがいっぱい Alles Käse」

冬といえばボジョレーヌーボーの解禁であったり、 シャンパン飲みながらクリスマスパーティーしたり

記事を読む

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

賄賂、裏切りで友情ぶち壊しの交渉ゲーム「イントリーゲ」

今回紹介するゲームは「イントリーゲ」です。 St

簡単な神経衰弱のはずなのに…面白い…「メモアァーール!」

今回紹介するのは、メモリー系ボードゲーム 「メモアァーール」です

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑