ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

公開日: : ボードゲーム, ま行

どうも、秋吉です。

先日ゲームマーケットで破格の1個1000円という価格で発売された「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」を開封レビュー!

ゲームマーケット前にネット上でかなり話題になっていた作品。作品自体は目新しくもなく海外版なら普通に入手できるためそこまで話題性に富んだ作品ではないのだが…

話題の中心となっていたのは、日本語化に伴うパッケージの変更にありました。

原版の「MammuZ」は様々なパブリッシャーさんから発売されていますが、今回の日本語版の元にされたのはABACUSSPIELEさんのバージョン。

まずはその2つを並べてみましょう。

 

■ABACUSSPIELEさんのバージョンと比べてみる

どん!

ネット黎明期のテキストサイト風のフォントサイズ拡大効果音を使ってしまいましたが、それほどインパクトのある両者の違いですね。

まず、タイトルですが、絶滅ダウト。確かにゲーム内に絶滅という用語も出てきますし、ダウト要素もあります。

タイトルだけでゲームの概要を表現することに成功しています。

これはインストする側からしたらありがたいですね。

今回遊ぶのは、絶滅ダウトです!といえば、ああ、ダウト系のゲームだなとすぐに共通認識ができあがりますし。

と、いくつか擁護する点を上げたのですが、

まぁ1つだけ言えば…もうすこし何とかできたんじゃないでしょうかね!

「マンモス」とシンプルにカタカナタイトルにしてもよかったですし。

 

タイトルのフォントも散々色々ネット上では言われていましたが…

確かに、ペイントクオリティ彷彿させるようなフォントですもんね…もう少しフォントにデザイン性は欲しかったですね。

裏面もきっちり日本語化されています。ロゴもばっちり入っています!

日本語版のほうが若干色が暗いような気がします。

内箱ですが、左がABACUSSPIELEのもので右側が今回の日本語版。

ABACUSの版によって違うのかもしれませんが、僕の持っているものと比べると日本語版のほうが質が低くそうな紙が使われています。(紙のプロではないため個人的意見)ざらざらしてます。

肝心なカードですが、左がABACUSで右が日本語版です。

エンボス加工もしてあり強度には問題はなさそう。若干、日本語版の背面がエンボス加工が甘くつるつるしているような気がします。

 

■総評

デザインは正直イケてないが、しっかりと日本語のルールブックも入っていて、カードの質も問題なさそうなので、デザインを気にしない人は買いでしょう。

カード自体には日本語も余計な装飾も入っていないので、パッケージだけ別物と考えればよいかと。

値段も1200円とお手頃なので買って損はないでしょう。

ゲームは万人受けするいいゲームなのでストックとして買うのもアリかと。

現在はHemz Universalゲームズさんのオンラインショップで購入できるみたいです。

絶滅ダウト

 

海外版はこちら

amazon マンモス

 

関連記事

kickstarterで出資してた「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」が届く

kickstarterにて今年の2月に出資をした「This Town Aint Big Enough

記事を読む

破産確定の自転車操業「ポンジスキーム」

今回紹介するのは、「ポンジスキーム」です。 「ポンジスキーム」

記事を読む

きもキャラ大集結「ナンジャモンジャ(なまえをよんで)」

今回は誰とでも簡単にプレイできるメモリー系パーティーゲーム「ナンジャモンジャ(なまえをよんで

記事を読む

ホットドッグを売りさばけ おなかが減ってくるカードゲーム「ホットドッグ HOT DOG」

今回は僕のお気に入りのカードゲームを紹介したいと思います。 HOT D

記事を読む

kickstarterで出資した「ヤードマスター(Yardmaster)」が到着

僕はそこそこの頻度でクラウドファンディングサイトkickstarterにてボードゲームやカードゲーム

記事を読む

言葉のチョイスでエージェントの居場所を伝えろ!協力パーティーゲーム「コードネーム」

今回取り上げるのは、協力パーティーゲーム「コードネーム」です。

記事を読む

地味だけど味があるタイル交換ボードゲーム「スティンジー」

今回取り上げるのは、タイルゲーム「スティンジー」です。 デザイナー:Reine

記事を読む

no image

チョコボたちのかわいいイラストのカードゲームが登場「チョコボのクリスタルハント」

FFは4と6が大好きな僕に嬉しい情報が入ってきました。 チョコボたちのカードゲ

記事を読む

脳をフル活用しろ!思考系ボードゲーム「マイクロロボット」

今回紹介するのは、ボードゲーム「マイクロロボット」です。 「ハイパーロボット」

記事を読む

短時間で終わるトリテ 何回も遊びたくなる中毒性「5本のきゅうり」

今回紹介するのは私が常にかばんに入れている時期があったぐらいヘビーローテーションしていたカードゲーム

記事を読む

人間の感覚など当てにならない!?色の割合の高い順に並べていくカードゲーム「イリュージョン」

今回紹介するのは、小箱カードゲーム「イリュージョン」です。

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

賄賂、裏切りで友情ぶち壊しの交渉ゲーム「イントリーゲ」

今回紹介するゲームは「イントリーゲ」です。 St

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑