ホットドッグを売りさばけ おなかが減ってくるカードゲーム「ホットドッグ HOT DOG」

公開日: : は行, ボードゲーム

今回は僕のお気に入りのカードゲームを紹介したいと思います。

HOT DOG(1996)

プレイ人数:2-5人

デザイナー:Wolfgang KramerRichard Ulrich

カードゲームホットドッグです。少し古いゲームなのですが1996年に発売された作品です。Amigo社の小箱です。

P8240016

ネオンライト風イメージ

 デザイナーはクラマー先生とウルリッヒ先生コンビ。エルグランデコンビですね。

私このゲームが好きすぎて…

P8240013

こんなことになってしまっています。

いつかホットドッグ大会を開くのが夢ですな。

■ルール概要

ホットドッグを売ってお金を稼ごう!というコンセプトのゲームです。

P8240018

各プレイヤーカードを一式配られます。カードの色はプレイヤーカラーとなっています。カードに描いてある数字はホットドッグの個数です。

それに加えて、

P8240019

軍資金3ドルが初期資金として配られます。

ゲームの進行についてですが、

P8240021

場にはテーブルが3つ用意されています。各テーブルに書いてある数字はホットドッグの置く事の出来る数。

例えば5番テーブルは5個のホットドッグまで載せることが可能。

各プレイヤーは売りたいホットドッグの個数と、売りに出したいテーブルを指定して一斉にカードを公開します。

P8240023

この場合は5番テーブルにホットドッグを3つ売りに出したことになります。

 

売り出したいテーブルが他のプレイヤーとかぶった場合は、少ないホットドッグを売り出しているほうから処理されます。

P8240031

この場合は青のプレイヤーの2つのホットドッグがテーブルに乗ります。

 

ちなみにホットドッグはテーブルの数字以上は乗っからないため、

P8240032

すでに他のホットドッグが置いてり自分のを売りに出すことで合計値がテーブルの数を超えてしまう場合は、売却失敗ということでホットドッグカードは手札に戻されます。

ホットドッグが売れてお金になるタイミングは、テーブルの数と置いてあるホットドッグの数が一致したときです。

P8240027

この場合は、青のプレイヤーに3ドル、緑プレイヤーに2ドルお金が銀行から支払われます。

すべての手札のホットドッグを売り切ったプレイヤーが出た時点で、1番お金を持っているプレイヤーが勝利。

またお金の使い方として、

P8240030

ホットドッグと一緒に出すことが可能。この場合、ホットドッグの数がドルの数を引いた値として扱われるため、他のプレイヤーより早く売りに出すことが可能。

写真の場合は、5-2=3であり、3のホットドッグとして扱うため緑のプレイヤーより優先してホットドッグを売りに出すことが可能。

このような技を使いつつお金をたくさん稼ぐゲームです。

■遊んだ感想

簡単なカードゲームの中に、バッティング要素や駆け引き要素が大いに使われており、短い時間で熱いバトルが楽しめます。

お金をホットドッグと一緒に出すルールが結構効いており、お金を使えば早くホットドッグを売れるため、ゲームエンドに早く持ち込みたいときや、確実に売却したいときなどに使ったりと、

戦法も多数あるところもポイント。

ルールも難しくないので幅広い層に受け入れてもらえるゲームだと思います。

アートワークがオールディーズなアメリカっぽくておしゃれなのも個人的に好きなポイント。

P8240033

スタートマーカーのケチャップにもAmigoの文字が…

このゲームをプレイしていると無性にホットドッグが食べたくなります。

ただし、古いゲームなので入手が若干厳しいかなという点が残念。どっかのパブリッシャーさんが再販してくれることを望んでいます。

 

ホットドッグ作りたい

関連記事

男気が試されるチキンレース「スリル thrill」

今回紹介するゲームはスリル(Thrill)です。 クラマー先生の古い作品ですね

記事を読む

人間の欲が入り乱れるお宝回収テーブルゲーム「海底探険」

今回遊んでみたのは、オインクゲームズさんから発売されている「海底探険」です。

記事を読む

見栄えも抜群 意外に落ちないバランスゲーム「リベリウム」

今回紹介するゲームはバランスゲーム「リベリウム」です。 このゲームはゲームマー

記事を読む

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

記事を読む

さぁ、踊り狂え!チーム戦が熱いカードゲーム「ダンシングドラゴン」

今回はチーム戦が熱いパーティーゲームよりのカードゲーム、「ダンシングドラゴン」を紹介。

記事を読む

きもキャラ大集結「ナンジャモンジャ(なまえをよんで)」

今回は誰とでも簡単にプレイできるメモリー系パーティーゲーム「ナンジャモンジャ(なまえをよんで

記事を読む

数字を数えるだけだけどパニックになったら即アウト「7人のマフィア」

今回紹介するのは、パーティーゲーム「7人のマフィア」です。 この作品は、買って

記事を読む

人間の目なんてあてにならないぜ「窓ふき職人」

今回紹介するのは、「窓ふき職人」です。 窓ふき職人 キッズゲー

記事を読む

賄賂、裏切りで友情ぶち壊しの交渉ゲーム「イントリーゲ」

今回紹介するゲームは「イントリーゲ」です。 Stefan Dorraさんの作品

記事を読む

未公開札で一喜一憂2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」

今回紹介するのは、2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」です。 1984

記事を読む

未公開札で一喜一憂2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」

今回紹介するのは、2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」で

人間の感覚など当てにならない!?色の割合の高い順に並べていくカードゲーム「イリュージョン」

今回紹介するのは、小箱カードゲーム「イリュージョン」です。

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑