よってたかって毒薬を…カードゲーム「ポイズン(POISON)」

公開日: : 最終更新日:2015/08/13 は行, ボードゲーム

今回は手軽にじりじりとした駆け引きが楽しめるカードゲーム、ポイズン(POISON)を紹介。

ポイズンは、2005年発売の、巨匠ライナー・クニツィア先生の名作カードゲーム。

2014年に日本語版でリメイクされました。

IMG_0900

ほわほわしたイラスト

プレイ人数:3-6人

プレイ時間:30分-60分

推奨年齢:10歳+

 

 

IMG_0902

カードには薬のイラストが描いてあります。

青、赤、紫の3種類のスートがあり、数字は1,2,4,5,7のみという特殊な構成となっています。

 

青、赤、紫に加えてどの色の代わりにもなる、オールマイティカード…

IMG_0903

それが毒薬カードです。数字は4のみ。

この毒薬カードがゲームによいスパイスとなっているキーカードであります。

また、ポイズンには、

IMG_0901

こんなタイルたちが入っていて、組み立てる3つの釜になります。

 

■大体のルールせつめい

まず、手札を作るため、カードを人数分に分けます。(プレイ人数によっては均等な数にならない)

先ほどの釜を3つ組み立てて釜を作ります。

 

手番が来たら、カードを1枚釜に入れます。

1枚カードをプレイしたら次の人の番へ。

IMG_0904

 

とりゃ!

各釜にはそれぞれ1色の薬しか入れられません。赤色専用の釜、紫色専用の釜みたいな感じです。

各プレイヤー1枚ずつカードを出していきます。

IMG_0905

 

とぅ!

IMG_0906

毒薬はどの釜にも入れられるぞ!

 

手番にカードは好きなカードを出すことが出来るのですが、

各、釜には合計13までの薬しか入れることが出来ません。

IMG_0907

写真のように釜の中にすでに、2+4+7=13の薬が入っているので、この手番に手元の2を出すと…

その釜の中に入っている薬をすべて引き取らなければいけません。

引き取った枚数×(-1)点となります。

ひえええ!

IMG_0908

 

この場合は-3点となります。

 

ちなみに…

IMG_0903

この毒薬さんを引き取ると、枚数×(-2)点となるから恐ろしい。

 

すべてのプレイヤーが手札をすべて使い切ったらラウンド終了。得点計算に移ります。

マイナスポイントが1番多い人が敗者となります。

 

基本的には、毒薬以外は枚数×(-1)点で、毒薬は枚数×(-2)点なのですが、

もう1つルールがあって、

 

1つの色に対して1番多く引き取った人はその色のマイナスポイントが0となります。

 

たとえば、誰よりも赤い薬引き取った人は赤い薬によるマイナスポイントは0となります。

じゃあ誰よりも引き取ればいいじゃん!となるかもしれませんが、

毒薬だけはいくら集めても無効にはならないので、勝つためには毒が入っている釜の薬は積極的に引き取ってはいけないことになります。

 

■てきとーな総評

プレイしてみたところ、ひきとっちゃいけない系なゲームなのでかなり、じりじりとした張り詰めた空気となりました。

我慢比べと呼ばれる洗面器ゲーム系のタイプですね。

誰かが早く引き取ってくれるのを祈りながら自分の番を待つゲームです。(笑)

特に自分の番が回ってきたときにすべての釜が13か12なんてときもあります。

数字が1のカードは数を刻むのに優秀なのでなるべく温存しておきたいところ。

 

早いうちに多く引き取る色を決定して集め始めると、「あいつ青と契約したぞ!毒入れてやろうぜwwww」と、大体他のプレイヤーはその釜に毒を放り込んでくるので目立った回収は禁物。

 

リメイクの日本語版は箱の絵に好みが出そうですが、カードの方にはキャラクターは書いていないのそこまで気にはならないのではないでしょうか。

手軽にプレイできて、駆け引きも結構あるので、

ちょっとしたゲームをする機会や重いゲームの間などに合う、手元に1つあるうれしいゲームですね。


ライナー・クニツィーア ポイズン

関連記事

老若男女楽しめるパズルボードゲーム ウボンゴ レビュー

ウボンゴはボードゲームというよりはパズルゲームだ! ルールも単純明快で、すぐにプレイできるゲー

記事を読む

見栄えも抜群 意外に落ちないバランスゲーム「リベリウム」

今回紹介するゲームはバランスゲーム「リベリウム」です。 このゲームはゲームマー

記事を読む

最後には全財産かけて勝負?ギャンブルゲーム「ラストチャンス」

本日は、ダイスを使ったギャンブルゲーム「ラストチャンス(Last Chance)/(Yahtzee

記事を読む

カルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」

kickstarterにてカルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough

記事を読む

人間の欲が入り乱れるお宝回収テーブルゲーム「海底探険」

今回遊んでみたのは、オインクゲームズさんから発売されている「海底探険」です。

記事を読む

特殊能力のオンパレードな度胸勝負「デッドマンズドロー」

今回紹介するのは、カードゲーム「デッドマンズドロー」です。 デザイン違いでドイツ語版も

記事を読む

名作ボードゲーム「ガイスター」のポーランド版を入手してみた

ボードゲーム好きの方ならご存知、巨匠アレックスランドルフ先生の名作、「ガイスター」。

記事を読む

第5回東埼玉ボードゲーム会レポート!

どうも秋吉です。 僕が主催させていただいているボードゲームオープン会「東埼玉ボ

記事を読む

数字を数えるだけだけどパニックになったら即アウト「7人のマフィア」

今回紹介するのは、パーティーゲーム「7人のマフィア」です。 この作品は、買って

記事を読む

さぁ、踊り狂え!チーム戦が熱いカードゲーム「ダンシングドラゴン」

今回はチーム戦が熱いパーティーゲームよりのカードゲーム、「ダンシングドラゴン」を紹介。

記事を読む

簡単な神経衰弱のはずなのに…面白い…「メモアァーール!」

今回紹介するのは、メモリー系ボードゲーム 「メモアァーール」です

タリーズ缶コーヒーの懸賞商品が到着2018 開封レビュー

どこでも気軽にコーヒーが飲める昨今。コンビニコーヒーやペットボト

新感覚アクションカルタ 舌を伸ばして振り回せ「ひっつきカメレオン」

今回紹介するのはアクションパーティーゲーム「ひっつきカメレオン」

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑