ホットドッグを売りさばけ おなかが減ってくるカードゲーム「ホットドッグ HOT DOG」

公開日: : は行, ボードゲーム

今回は僕のお気に入りのカードゲームを紹介したいと思います。

HOT DOG(1996)

プレイ人数:2-5人

デザイナー:Wolfgang KramerRichard Ulrich

カードゲームホットドッグです。少し古いゲームなのですが1996年に発売された作品です。Amigo社の小箱です。

P8240016

ネオンライト風イメージ

 デザイナーはクラマー先生とウルリッヒ先生コンビ。エルグランデコンビですね。

私このゲームが好きすぎて…

P8240013

こんなことになってしまっています。

いつかホットドッグ大会を開くのが夢ですな。

■ルール概要

ホットドッグを売ってお金を稼ごう!というコンセプトのゲームです。

P8240018

各プレイヤーカードを一式配られます。カードの色はプレイヤーカラーとなっています。カードに描いてある数字はホットドッグの個数です。

それに加えて、

P8240019

軍資金3ドルが初期資金として配られます。

ゲームの進行についてですが、

P8240021

場にはテーブルが3つ用意されています。各テーブルに書いてある数字はホットドッグの置く事の出来る数。

例えば5番テーブルは5個のホットドッグまで載せることが可能。

各プレイヤーは売りたいホットドッグの個数と、売りに出したいテーブルを指定して一斉にカードを公開します。

P8240023

この場合は5番テーブルにホットドッグを3つ売りに出したことになります。

 

売り出したいテーブルが他のプレイヤーとかぶった場合は、少ないホットドッグを売り出しているほうから処理されます。

P8240031

この場合は青のプレイヤーの2つのホットドッグがテーブルに乗ります。

 

ちなみにホットドッグはテーブルの数字以上は乗っからないため、

P8240032

すでに他のホットドッグが置いてり自分のを売りに出すことで合計値がテーブルの数を超えてしまう場合は、売却失敗ということでホットドッグカードは手札に戻されます。

ホットドッグが売れてお金になるタイミングは、テーブルの数と置いてあるホットドッグの数が一致したときです。

P8240027

この場合は、青のプレイヤーに3ドル、緑プレイヤーに2ドルお金が銀行から支払われます。

すべての手札のホットドッグを売り切ったプレイヤーが出た時点で、1番お金を持っているプレイヤーが勝利。

またお金の使い方として、

P8240030

ホットドッグと一緒に出すことが可能。この場合、ホットドッグの数がドルの数を引いた値として扱われるため、他のプレイヤーより早く売りに出すことが可能。

写真の場合は、5-2=3であり、3のホットドッグとして扱うため緑のプレイヤーより優先してホットドッグを売りに出すことが可能。

このような技を使いつつお金をたくさん稼ぐゲームです。

■遊んだ感想

簡単なカードゲームの中に、バッティング要素や駆け引き要素が大いに使われており、短い時間で熱いバトルが楽しめます。

お金をホットドッグと一緒に出すルールが結構効いており、お金を使えば早くホットドッグを売れるため、ゲームエンドに早く持ち込みたいときや、確実に売却したいときなどに使ったりと、

戦法も多数あるところもポイント。

ルールも難しくないので幅広い層に受け入れてもらえるゲームだと思います。

アートワークがオールディーズなアメリカっぽくておしゃれなのも個人的に好きなポイント。

P8240033

スタートマーカーのケチャップにもAmigoの文字が…

このゲームをプレイしていると無性にホットドッグが食べたくなります。

ただし、古いゲームなので入手が若干厳しいかなという点が残念。どっかのパブリッシャーさんが再販してくれることを望んでいます。

 

ホットドッグ作りたい

関連記事

ゲームマーケット2015秋に参加してきたよー

先日、11月22日、いい夫婦の日に東京ビックサイトで行われたゲームマーケット2015秋に参加

記事を読む

2017年3月に買ったボードゲームとかサブカルとか

どうも、暇さえあれば部屋をコロコロで掃除している秋吉です。 あれを開発した人は

記事を読む

美麗なイラストと不思議な世界観 協力型2人用ゲーム「そして二人は手を取り合って」

本日取り上げるゲームは2人用協力型ゲーム「そして二人は手を取り合って」です。

記事を読む

ゲーム初心者にもおすすめなパズルゲーム「オン・ザ・ドット」

人が集まることが多くなるこの季節。みんなでゲームでわいわいやりたいですよね。 そこで、シンプル

記事を読む

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

記事を読む

斬新なルールで盛り上がること間違いなしなカードゲーム「いかさまゴキブリ」

  今日は斬新なルールが特徴のカードゲーム「いかさまごきぶり」を紹介します。

記事を読む

ゲームマーケット2016春が近づいてきましたね 予約したものとか

2016年5月5に東京ビックサイトにて行われる、アナログゲームの祭典、ゲーム

記事を読む

黄金のパイナップルって何ぞ?「ピニャ・ピラータ」レビュー

タイトル:ピニャ・ピラータ プレイ人数:2~6 今回レビューするのは、カードゲーム「ピニ

記事を読む

しれーっとふせるのだ「そっとおやすみ」

今回紹介するのは、先日すごろくやさんから日本語版が出たパーティーゲーム「そっとおやすみ」です。

記事を読む

皆で目撃者のフィーリングを読み取れ!「アンユージュアルサスペクツ」

今回取り上げるのは、協力型ゲーム「アンユージュアルサスペクツ」です。

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

ヴィレッジバンガード福袋2018を仕方がなく開封レビュー

あけましておめでとうございます。秋吉です。 昨年

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑