噛めば噛むほど味が出るカードゲーム「ライナー・クニツィアの革命万歳」

公開日: : か行, ボードゲーム

今回ご紹介するカードゲームは、ボードゲーム界の巨匠、3kの1人ライナークニツィア先生の作品「革命万歳」です。

プレイ人数3~5人

IMG_0006

革命というシリアスな内容とは裏腹なファンシーな絵柄。

■ざっくりなゲーム内容紹介

短時間でサクッと終わるカードゲームです。カードは全66枚。

IMG_0008

赤と青のカードに分かれており、数字は0~5まであります。

まず、各プレイヤーに手札として11枚カードを配ります。残りは山札とします。

ゲームの流れとしては

各ラウンドのはじめに山札から場のカードとして1枚カードをめくります。

プレイヤーたちはプレイしたいカードを1枚裏向きでセット、そして同時に公開します。

IMG_0009

IMG_0010

カードを獲得することで後にポイントとなるのですが、

カードを獲得できるプレイヤーは以下のルールによって決められます。

まず場のカードとプレイされたカードの色を見ます。各色数値を合計し大きい色を確認します。上の写真だと赤6、青9であるので青が優勢となります。

そして優勢色、青をプレイしたプレイヤーでもっとも小さい数字を出していたプレイヤーがこのラウンドの勝者なりカードを獲得できます。

(もし、もっとも小さい数値が2枚合った場合は、優勢色でかつその次に小さい数値をプレイしているプレイヤーが勝者となります。)

今回は青の4のプレイヤーが勝者となります。

場のカードを含めたプレイされたカードを集め今回自分の出したカードを1番上にして山にして自分の前においておきます。

これを繰り返し、赤か、青どちらかの山が4つ出来た時点でゲーム終了。

 

4つ目の山が出来た色が勝利色となります。

各プレイヤーの手札に残った勝利色のカードの枚数と各ラウンドに獲得した勝利色の山の数を足した数がポイントとなります。

1番ポイントを獲得したプレイヤーが勝利。

 

■プレイした感想

結論から書きますと私はこのゲームが好きで何回もプレイしているのですが、1番最初にプレイしたときは、

んー…なんじゃこりゃ!

とピンとこなかったことを覚えています。プレイした仲間で、10人目のクニツィアが作ったんじゃね?とか酷評の嵐でした。

しかし、とりあえず惰性で何回もプレイしていると、ゲームの面白さに気づき始めのめり込んでいきました。

気づけば、個人的かなり好きなカードゲームの1つにランクインするほどに。

 

手札にあるカードの色が勝利点に絡んでくるので、出来れば多い枚数の色はとっておきたいところであるが、

それを使わないと勝利色に導けなく、最終的なポイントに繋がらないというジレンマ。

大きい数字のカードをプレイすることにより、その色を優勢色に持っていくことがたやすいが、1番小さい数字が勝利するので、自分が獲得することができないというジレンマ。

プレイにプレイを重ねることにより、シンプルなルールに隠されているジレンマが美しく、手軽に出来るということもあり、お気に入りのゲームです。

私が普段持ち歩いてヘビープレイしている作品のひとつです。

単調なので、派手なプレイ感はなく初見プレイでは面白さが見出せないかもしれませんが、ぜひとも繰り返しプレイして欲しいゲームであると思います。

値段も安く、小箱なのでバックに忍ばせておいてはいかが?

ライナー・クニツィアの革命万歳

関連記事

人間の欲が入り乱れるお宝回収テーブルゲーム「海底探険」

今回遊んでみたのは、オインクゲームズさんから発売されている「海底探険」です。

記事を読む

地理も学べる!うんちくクイズバトルゲーム「テラ~わたしたちの地球」

今回取り上げるのは、雑学クイズゲーム「テラ(TERRA)~わたしたちの地球」です。  

記事を読む

Kickstarterにてボードゲーム「Tiny Epic Kingdoms」へ出資した

皆さんご存知、アメリカの共同出資サイトKickstarter 商品開発や新プロジェクトを進める

記事を読む

さらにスリリングな業火の中へ ザゲームの拡張「ザ・ゲーム オンファイヤー(The Game On Fire)」

今回紹介するのは、協力型カードゲーム、「ザゲーム(The Game)」の拡張、

記事を読む

第7回東埼玉ボードゲーム会レポート!

どうも秋吉です。突撃ラブハートを聞きながら執筆中。 パンクな

記事を読む

破産確定の自転車操業「ポンジスキーム」

今回紹介するのは、「ポンジスキーム」です。 「ポンジスキーム」

記事を読む

男気が試されるチキンレース「スリル thrill」

今回紹介するゲームはスリル(Thrill)です。 クラマー先生の古い作品ですね

記事を読む

簡単な神経衰弱のはずなのに…面白い…「メモアァーール!」

今回紹介するのは、メモリー系ボードゲーム 「メモアァーール」です。  

記事を読む

カルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」

kickstarterにてカルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough

記事を読む

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の1個1000円という価格で発売

記事を読む

簡単な神経衰弱のはずなのに…面白い…「メモアァーール!」

今回紹介するのは、メモリー系ボードゲーム 「メモアァーール」です

タリーズ缶コーヒーの懸賞商品が到着2018 開封レビュー

どこでも気軽にコーヒーが飲める昨今。コンビニコーヒーやペットボト

新感覚アクションカルタ 舌を伸ばして振り回せ「ひっつきカメレオン」

今回紹介するのはアクションパーティーゲーム「ひっつきカメレオン」

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑