さぁ、踊り狂え!チーム戦が熱いカードゲーム「ダンシングドラゴン」

公開日: : 最終更新日:2016/01/08 た行, ボードゲーム

DSC_9824

今回はチーム戦が熱いパーティーゲームよりのカードゲーム、「ダンシングドラゴン」を紹介。

作者:トム・ワム プレイ人数:4人~8人 対象年齢:6歳以上 プレイ時間:20分

ダンシングドラゴンは2人のプレイヤーによるチームをつくり、チーム対抗戦を行うカードゲームです。

コンポーネントはカード一式のみ。

■だいたいのるーる

DSC_9830

カードにはドラゴンの各パーツの絵柄が描かれており、カードを集めて一体のドラゴンを作ることを競います。

作れるドラゴンの種類は3種類あり、

DSC_9832

1番上が、全部同じ色で作る、「ロイヤルドラゴン」、2番目が虹色のワイルドカードを1枚以上含めた「ドラゴン」

DSC_9833

そして、最後が虹色のワイルドカードのみで作る「ワイルドドラゴン」です。

プレイヤーたちはカードを交換していき、手札の中にこの3種類のどれかのドラゴンを作ることに努めます。

 

ゲーム開始時には各プレイヤー5枚配られてゲームスタート。このゲームは手番とかはなく、全プレイヤー同時に行動します。

1枚カードを中央に出して、中央から欲しいカードと交換していきます。

いち早く、上記のドラゴンを手札の中で作ります。作り終わったら作ったドラゴンを宣言してあがりなのですが、

ここがポイントで、作ったプレイヤーのチームの相方がそのドラゴンの名前を宣言しなければなりません。

すなわち、仲間の手札を見ることが出来ないため、何らかの事前に決めたサインを仲間プレイヤーに送ることによって、出来上がったドラゴンの種類を伝えます。

例えば、「ロイヤルドラゴン!」とか宣言します。宣言どおり、相方の手札にそのドラゴンが完成していればそのドラゴンに応じた点数を貰います。

 

ならば、露骨に分かりやすいサインを送れば良いじゃないか、というわけでもなく、相手のチームが何らかのドラゴンを完成させていることを察したチームは、

「リバースドラゴン!」と宣言することによって、ポイントを得る方法があります。

リバースドラゴン宣言したときに、相手チームの手札に何らかのドラゴンが完成していた場合は、リバースドラゴンを宣言したチームに得点が入ってしまうため、

相手チームにばれないようにサインを仲間に送ることが必要となります。

何ラウンドか繰り返し、規定のポイントに達したチームが出た時点でゲーム終了。

 

■プレイした感想

深夜、4人でプレイしました。結果、深夜ということもあり大盛り上がりしました。そして爆笑の渦。

これはかなり盛り上がるパーティーゲームだと思いましたねー。

サインをチームで考え、プレイ中送りあうのですが、相手チームに気づかれてはいけないということもあり、フェイクを入れたり、へんなサインにしたりなど工夫をしていくと、

ダンシングドラゴンの名の通り、まさに踊っている様。

また、フェイクや変なサインのせいで、仲間に伝わらず異なった情報を伝えてしまうこともしばしば。体を使うかつ、同時進行ゲームなのでダウンタイムもなく、盛り上がりましたねー。

気になった点は、プレイするメンバーに依存すると思います。あまり仲良くないプレイヤー同士だとこじんまりしたプレイになってもりあがらなそうな予感。大胆なサインをするところがゲームの醍醐味だと思うので。

また、カードを交換して役を作るだけなので、何回も連続でやってるとぐだぐだになったり、冷めてしまうことがあると思うので、ゲーム会の冒頭などにサクッと数プレイするのに適していると思いました。

 

個人的には好きなパーティーゲームの1つです。

プレイのスタイル上カードが痛みやすいのでスリーブ着用を推奨します。サイズは、66×92mmでちょうど良かったです。

私はこのエポック社のスリーブにいれました。参考程度に。


ダンシングドラゴン/テンデイズゲームズ/Margaret weis

関連記事

しれーっとふせるのだ「そっとおやすみ」

今回紹介するのは、先日すごろくやさんから日本語版が出たパーティーゲーム「そっとおやすみ」です。

記事を読む

ゲームマーケット2017秋に行ってきた感想

どうも秋吉です。 ゲームマーケット2017秋にいってきました。

記事を読む

男気が試されるチキンレース「スリル thrill」

今回紹介するゲームはスリル(Thrill)です。 クラマー先生の古い作品ですね

記事を読む

2017年3月に買ったボードゲームとかサブカルとか

どうも、暇さえあれば部屋をコロコロで掃除している秋吉です。 あれを開発した人は

記事を読む

秋葉原の駿河屋アニメホビー館グランドオープンにボドーゲームを求めて突入

ネット通販でおなじみの、格安ホビーショップ駿河屋。 その駿河屋の実店舗が秋葉原

記事を読む

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の1個1000円という価格で発売

記事を読む

名作ボードゲーム「ガイスター」のポーランド版を入手してみた

ボードゲーム好きの方ならご存知、巨匠アレックスランドルフ先生の名作、「ガイスター」。

記事を読む

アナログゲーマーのマストバイアイテム「トランプゲーム大全」

画面の前のアナログゲーマーの皆さんこんにちは。アキヨシです。 アナログゲーマーならぜひとも持っ

記事を読む

ゲーム初心者にもおすすめなパズルゲーム「オン・ザ・ドット」

人が集まることが多くなるこの季節。みんなでゲームでわいわいやりたいですよね。 そこで、シンプル

記事を読む

カルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」

kickstarterにてカルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough

記事を読む

未公開札で一喜一憂2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」

今回紹介するのは、2人用トリックテイキングゲーム「泥棒と乞食」で

人間の感覚など当てにならない!?色の割合の高い順に並べていくカードゲーム「イリュージョン」

今回紹介するのは、小箱カードゲーム「イリュージョン」です。

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑