地味だけど味があるタイル交換ボードゲーム「スティンジー」

公開日: : 最終更新日:2016/01/19 さ行, ボードゲーム

今回取り上げるのは、タイルゲーム「スティンジー」です。

デザイナー:Reiner Knizia
プレイ人数:2-6人
所要時間:30-50分

 

DSC_9918

2015年に出たクニツィア先生の作品です。タイトルの”スティンジー”という意味は、”しみったれた”という意味だそう。

■概要

DSC_9921

このよないろんな絵柄が書いてあるタイルを集めて得点を競います。タイルには同じ絵柄でも色違いがあったりします。

準備として、最初にランダムで、各プレイヤはー規定の枚数のタイルを引きます。

ゲームの流れとしてはタイルを交換していき、得点をしていきます。

DSC_9926

存在する各絵柄のタイルをすべて集めると得点になります。例えばボトルなら、同じ色のボトルを3枚集めた時点で6点ゲットできます。

手番に出来ることは、

1.タイルの交換です。

手番プレイヤーは他のプレイヤーの好きなタイルのセットをゲットすることが出来ます。

DSC_9922

例えば、相手プレイヤーの黄色いダイヤのセットが欲しい場合は…

DSC_9923

このように貰うことができますが…

見返りとして相手には同じ価値のタイルを取り返す権利があります。同じ価値のタイルとは、

DSC_9926

この表を見ると、最上段が枚数、中段が価値となります。

ダイアの2枚セットを手番プレイヤーは取ったので、相手プレイヤーは、2枚の3点分のタイルを取ることが出来ます。

1枚のタイルを3セットか、同じ2枚のセットを1セット取ることができます。

DSC_9925

もし、あるアイテムについて同じ色をすべて集めたら、そのタイルをすべて裏返しにして得点にすることが出来ます。

こうすることによって完成したタイルのセットは奪われることはありません。

タイルの交換をしたら、2枚のタイルをストックから引き手番を終了します。

細かい例外的なルールもありますが基本これを繰り返し、ストックのタイルがなくなったときに1番得点が高い人が勝利です。

 

■プレイした感想

ゲーム序盤は、ただ闇雲にタイルを交換している感じで、ピンとこないゲームだなーと思っていました。

しかし、後半に進むにつれて、各タイルが場に出揃ってきて、タイルの交換の一手一手がかなり駆け引きめいてきました。

いかに自分の欲しいタイルをとりつつ、自分の育てているタイルを取られない交換をしていかなければいけないため結構悩みます。

また、終盤は自分でタイルを取ることでツモる可能性が高いため、麻雀の如く多面で待ちの形を作ったりとなかなか考えることが多くて面白かったです。

テーマは海賊ですが恒例のクニツィア先生のテーマ性の無視が出ており、あまり海賊要素はありません。

ゲーム中だれる事もなく、サクサク進み得点を集めている達成感もあり好印象。

プレイ感は軽いのでゲーム終了後も、もう一戦!やりたくなりました。

派手な面白さはありませんが、考えることが多くやればやるほど味が出てくるゲームだと思いました。

スティンジー(Stingy)/PLAYthisONE/Reiner Knizia

関連記事

神々の遊びを始めよう!「Gods’ Gambit~神々の一手」

今回購入したカードゲームは「Gods' Gambit~神々の一手」というゲームです。 世界から

記事を読む

美麗な車両をつなげるカードゲーム「ヤードマスター」レビュー

先日キックスターターで出資したカードゲーム「ヤードマスター」が到着し、コンポーネントレビュー

記事を読む

破産確定の自転車操業「ポンジスキーム」

今回紹介するのは、「ポンジスキーム」です。 「ポンジスキーム」

記事を読む

皆で投票をしてルールを決めてトリックテイキング「ピサPISA」

今回紹介するゲームは「ピサ(PISA)」です。 このゲームはアドルングから19

記事を読む

秋葉原の駿河屋アニメホビー館グランドオープンにボドーゲームを求めて突入

ネット通販でおなじみの、格安ホビーショップ駿河屋。 その駿河屋の実店舗が秋葉原

記事を読む

深い数字の読みあい心理戦カードゲーム「ブクブク」

今回とりあげるのは、カードゲーム「ブクブク(Turn the Tide)」です。

記事を読む

ルールもデザインもスタイリッシュなカードゲーム「ZERO -ゼロ」

今回のゲームはライナー・クニツィア (Reiner Knizia)作「ZERO -ゼロ」

記事を読む

kickstarterで出資してた「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」が届く

kickstarterにて今年の2月に出資をした「This Town Aint Big Enough

記事を読む

皆で目撃者のフィーリングを読み取れ!「アンユージュアルサスペクツ」

今回取り上げるのは、協力型ゲーム「アンユージュアルサスペクツ」です。

記事を読む

特殊能力のオンパレードな度胸勝負「デッドマンズドロー」

今回紹介するのは、カードゲーム「デッドマンズドロー」です。 デザイン違いでドイツ語版も

記事を読む

木駒がかわいいバランスゲーム「チキブーン」

今回紹介するのは、お手軽バランスゲームチキブーンです。

数字を数えるだけだけどパニックになったら即アウト「7人のマフィア」

今回紹介するのは、パーティーゲーム「7人のマフィア」です。

2017年3月に買ったボードゲームとかサブカルとか

どうも、暇さえあれば部屋をコロコロで掃除している秋吉です。

アイコンの組み合わせでワードを伝えろ!「コンセプト」

今回紹介するのはアイコンの組み合わせだけでワードを伝えるゲーム「

石を採石して船に積んでレッツゴー「イムホテップ」

今回紹介するのは、エジプトテイスト漂うゲーム「イムホテップ」です

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑