地味だけど味があるタイル交換ボードゲーム「スティンジー」

公開日: : 最終更新日:2016/01/19 さ行, ボードゲーム

今回取り上げるのは、タイルゲーム「スティンジー」です。

デザイナー:Reiner Knizia
プレイ人数:2-6人
所要時間:30-50分

 

DSC_9918

2015年に出たクニツィア先生の作品です。タイトルの”スティンジー”という意味は、”しみったれた”という意味だそう。

■概要

DSC_9921

このよないろんな絵柄が書いてあるタイルを集めて得点を競います。タイルには同じ絵柄でも色違いがあったりします。

準備として、最初にランダムで、各プレイヤはー規定の枚数のタイルを引きます。

ゲームの流れとしてはタイルを交換していき、得点をしていきます。

DSC_9926

存在する各絵柄のタイルをすべて集めると得点になります。例えばボトルなら、同じ色のボトルを3枚集めた時点で6点ゲットできます。

手番に出来ることは、

1.タイルの交換です。

手番プレイヤーは他のプレイヤーの好きなタイルのセットをゲットすることが出来ます。

DSC_9922

例えば、相手プレイヤーの黄色いダイヤのセットが欲しい場合は…

DSC_9923

このように貰うことができますが…

見返りとして相手には同じ価値のタイルを取り返す権利があります。同じ価値のタイルとは、

DSC_9926

この表を見ると、最上段が枚数、中段が価値となります。

ダイアの2枚セットを手番プレイヤーは取ったので、相手プレイヤーは、2枚の3点分のタイルを取ることが出来ます。

1枚のタイルを3セットか、同じ2枚のセットを1セット取ることができます。

DSC_9925

もし、あるアイテムについて同じ色をすべて集めたら、そのタイルをすべて裏返しにして得点にすることが出来ます。

こうすることによって完成したタイルのセットは奪われることはありません。

タイルの交換をしたら、2枚のタイルをストックから引き手番を終了します。

細かい例外的なルールもありますが基本これを繰り返し、ストックのタイルがなくなったときに1番得点が高い人が勝利です。

 

■プレイした感想

ゲーム序盤は、ただ闇雲にタイルを交換している感じで、ピンとこないゲームだなーと思っていました。

しかし、後半に進むにつれて、各タイルが場に出揃ってきて、タイルの交換の一手一手がかなり駆け引きめいてきました。

いかに自分の欲しいタイルをとりつつ、自分の育てているタイルを取られない交換をしていかなければいけないため結構悩みます。

また、終盤は自分でタイルを取ることでツモる可能性が高いため、麻雀の如く多面で待ちの形を作ったりとなかなか考えることが多くて面白かったです。

テーマは海賊ですが恒例のクニツィア先生のテーマ性の無視が出ており、あまり海賊要素はありません。

ゲーム中だれる事もなく、サクサク進み得点を集めている達成感もあり好印象。

プレイ感は軽いのでゲーム終了後も、もう一戦!やりたくなりました。

派手な面白さはありませんが、考えることが多くやればやるほど味が出てくるゲームだと思いました。

スティンジー(Stingy)/PLAYthisONE/Reiner Knizia

関連記事

地理も学べる!うんちくクイズバトルゲーム「テラ~わたしたちの地球」

今回取り上げるのは、雑学クイズゲーム「テラ(TERRA)~わたしたちの地球」です。  

記事を読む

男気が試されるチキンレース「スリル thrill」

今回紹介するゲームはスリル(Thrill)です。 クラマー先生の古い作品ですね

記事を読む

人間の欲が入り乱れるお宝回収テーブルゲーム「海底探険」

今回遊んでみたのは、オインクゲームズさんから発売されている「海底探険」です。

記事を読む

同じハンドサインを探し出せ!リアルタイムパーティーゲーム「ハンズ」

今回とりあげるのは、リアルタイムパーティーゲーム「ハンズ」です。

記事を読む

ゲームマーケット2017秋に行ってきた感想

どうも秋吉です。 ゲームマーケット2017秋にいってきました。

記事を読む

新感覚アクションカルタ 舌を伸ばして振り回せ「ひっつきカメレオン」

今回紹介するのはアクションパーティーゲーム「ひっつきカメレオン」です。

記事を読む

毒々しいモンスターたちが村に襲ってくるカードゲーム Peasant Buffet

kickstarterにて個性のある絵柄のカードゲームPeasant Buffetが出資を募っていま

記事を読む

お正月に遊びたい手軽なアナログゲーム5選

お正月は親戚や友人が集まる機会が多いと思います。 みんなでまったりテレビを見たり、wiiなどの

記事を読む

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の1個1000円という価格で発売

記事を読む

カルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough for the 2-4 of Us! 」

kickstarterにてカルカソンヌ風ゲーム「This Town Aint Big Enough

記事を読む

スタイリッシュな箱にスタイリッシュな大富豪「ハギス」

今回紹介するのは、3人用カードゲーム「ハギス」です。

amigoサイズのカードが入るスリーブ「ウルトラプロ 56×87mm サイズカード用ボードゲームスリーブ」レビュー

ボードゲームのカードサイズは特徴的で様々な種類がありますが、

こっそり見つからないようにカエルを仕込んで…「カエルをよこせ」(Her mit den Kroeten!)

今回紹介するのは、シャハトさんの古いカードゲーム、

賄賂、裏切りで友情ぶち壊しの交渉ゲーム「イントリーゲ」

今回紹介するゲームは「イントリーゲ」です。 St

簡単な神経衰弱のはずなのに…面白い…「メモアァーール!」

今回紹介するのは、メモリー系ボードゲーム 「メモアァーール」です

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑