老若男女楽しめるパズルボードゲーム ウボンゴ レビュー

公開日: : 最終更新日:2015/08/13 あ行, ゲーム, ボードゲーム, レビュー

ウボンゴはボードゲームというよりはパズルゲームだ!

ルールも単純明快で、すぐにプレイできるゲームです。
プレイヤー人数は2~4人で、
個人的に普段ゲームをしない家族や友人などとやるとアナログゲームの楽しみが伝えられると思います。

 

 


 

 

P2240898

独特のデザイン

作者はGrzegorz Rejchtman

ゲームの外箱です。大きさはなかなか大きめ。どっしりって感じです。ファミコンカセットが小さく見える不思議…

P2240900

 

にやり

なかなかデザインもこっていて、ディテールにもこだわりがうかがえます。

エスニックなデザインですね。

P2240899

 

うらめん

ドイツ語で書かれています。

僕がアマゾンで買ったときは日本語訳が付いてましたが、ルールが簡単なので翻訳は不要です。

ゲームの流れ

このゲームはパズルを早く完成させるゲームです。

P2240901P2240903

 

こんなボードと

P2240904

 

ポップカラーなパズルピースが配られます。テトリスみたいですね。

ピースは12種類ありますぞ。

このピースをうまく使って、

P2240910

 

このように、パズルを完成させます。

1ラウンド1枚のボードを使用してゲームを進めます。9ラウンドでゲーム終了。

 

 

具体的なゲームの進め方ですが、

①難易度設定

P2240901P2240902

 

簡単なほうか、難しいほうでやるかを決めます。

ボードは難しいのと簡単なやつと両面印刷されており、

上が簡単なボード、下が上級者用の難易度が高いボードとなっております。

難しいほうは使うピースが多いので難しくて慣れないときついと思います。(笑)

今回は簡単なほうでやります。上のほうですね。

 

②パズルにかじりつく

ボードを一枚ずつとったら、サイコロを振って砂時計をひっくり返す。ゲームは始まった。さぁみんな一斉にパズルを解き始めるんだ!

P2240911

 

砂が落ちるまでにパズルを解けば得点がもらえます。いそげ!

P2240906

 

サイコロはこんな絵が描いてあるやつ。

今回はこの”手”の目がでたとして、

P2240901-2

 

ボードをみると使うべきピースが書いてあります。

ピースを探して、

これをがんばって当てはめて…

P2240910

 

できた!

できたら多いな声で、

ウボンゴ!

って叫びます。

パズルを解いたプレイヤーから順に得点計算を行います。

ウボンゴ!

って恥ずかしがらずに叫ぶんですよ!お忘れなく。

③得点する

得点ボード

P2240915

 

こんな感じのボードで得点をします。ランダムで宝石がちりばめられています。きらりん。

P2240913

P2240916

 

P2240920

 

プレイヤーの駒

ゲーム開始前に好きなレーンを決めて駒をそれぞれ置きます。

 

パズルを解き終わったプレイヤーから順に2個ずつ宝石を取ることができます。

宝石の取り方なのですが、

P2240924-2

 

駒の近い方から2個取れます。

砂時計が落ちる前にパズルを解けば、びりであろうが宝石は2個取れます。

宝石を取る前にレーン移動もできます。(動かなくてもよい)

動けるレーン数は順位によって異なり、

1番最初にパズルを解いた人:3レーンまで

2番目         :2レーンまで

3番目         :1レーンのみ

4番目         :動けない!我慢だ!

 

となっております。

例えば、青の駒が一番あがりしたとき、

P2240924-3

 

上のように3レーンまで動くことが可能。

 

P2240928

 

上の黒い駒のように、他の駒と同じところにも移動可能で、この場合も手前から2個ゲットします。

 

全ラウンド終了したら持っている同じ色の宝石の数で勝敗を決めます。

たくさん宝石を持っていても、同じ色をあまり持っていなければ負けます。

P2240932

 

左プレイヤーの勝ち。

俺こんなに石集めたのに…とほほ

となってしまうこともあるので頭を使って石を取りましょう。

つまり、同じ色の宝石をうまく取るかというところも勝負の鍵となってきます。

 

プレイした感想

 

個人的評価

4/5

斬新かつ面白い。とにかく頭を使います。集中力もすごいことになってます。普段使ってない脳をフル回転です。

頭を使いまくって解けたときはすごくうれしいですねー。きた!って感じ。

集中しすぎて砂時計が終わるのがすぐに感じます。

あと、ウボンゴ!っていうのが楽しい。

パズル終わってないのに冗談でウボンゴって言ってみたり(笑)なんか言いたくなっちゃうフレーズです、ウボンゴ!

ルールは単純ですがはまりますね。

ルールが簡単なので、普段ゲームをしない人やお子さんなどにもすぐ馴染んでもらえると思います。

ファミリーで盛り上がれますね。

お子さんの知育にもよさそうです。

おじいちゃんおばあちゃんなんかも参加できるのでおすすめです。脳トレにもなりそうですし。

ボードのパズルは全部違い、簡単なボードと難しいボードもあり、ダイスによって使うピースも違うので、

毎回新鮮なゲームをできるのもいいところですねー。これのとき方は覚えてるぜっていうのがおきにくいからフェアな戦いができます。

マイナスポイント基本ソロプレイなのでずっとやっているとゲームが単調になっちゃうかも。戦略とかはあまりないので頭とひらめきの戦い。

あと宝石の初期配置&片付けがめんどくさい(笑)こまごましているもので。

ちなみにピースは、

P2240934

 

こんな感じに仕分けしています。色事にまとめておくと便利ですね!

 

まさに老若男女楽しめるといっても過言じゃないゲーム。

みんなでウボンゴ!

関連記事

珍回答続出で爆笑の嵐「私の世界の見方」日本語版

先日ゲームマーケット2015秋にて、テンデイズゲームズさんのブースで購入してきた「私の世界の見方」日

記事を読む

ついに発売!最強のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」開封レビュー

2015年10月31日といえば何の日でしょう。え?ハロウィン?? そんな行事はどうでもいいので

記事を読む

レトロフリークの隠し要素?「レトロフリークポータブル」に期待

レトロフリークで100本ゲームをインストールすると… 当然音楽とともにムービーが!

記事を読む

ルールもデザインもスタイリッシュなカードゲーム「ZERO -ゼロ」

今回のゲームはライナー・クニツィア (Reiner Knizia)作「ZERO -ゼロ」

記事を読む

Kickstarterにてボードゲーム「Tiny Epic Kingdoms」へ出資した

皆さんご存知、アメリカの共同出資サイトKickstarter 商品開発や新プロジェクトを進める

記事を読む

皆で目撃者のフィーリングを読み取れ!「アンユージュアルサスペクツ」

今回取り上げるのは、協力型ゲーム「アンユージュアルサスペクツ」です。

記事を読む

お洒落なコンポーネントでワードバトル「ニットウィット」

今回紹介するゲームは見栄え抜群のワードゲーム「ニットウィット」です。

記事を読む

見た目が地味にリアルな虫くんグミ「ピエロ・グルマンサワーワームグミ」

先日カルディに行ったら一際異彩を放っていたグミを見つけたので購入してきました。 「ピエ

記事を読む

チョコレートの可能性 「タバスコ スパイシーダークチョコ」

日々様々なフレーバーのチョコレートが陳列棚に現れは消える多種多様なチョコレート市場ですが、 今

記事を読む

秋葉原で無料配布していたカードゲーム「Force of Will」でレアカードを狙う

先日秋葉原に出向いたときに、ホビーショップイエローサブマリンでカードゲームを配っていたので貰っ

記事を読む

簡単な神経衰弱のはずなのに…面白い…「メモアァーール!」

今回紹介するのは、メモリー系ボードゲーム 「メモアァーール」です

タリーズ缶コーヒーの懸賞商品が到着2018 開封レビュー

どこでも気軽にコーヒーが飲める昨今。コンビニコーヒーやペットボト

新感覚アクションカルタ 舌を伸ばして振り回せ「ひっつきカメレオン」

今回紹介するのはアクションパーティーゲーム「ひっつきカメレオン」

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑