斬新なルールで盛り上がること間違いなしなカードゲーム「いかさまゴキブリ」

公開日: : 最終更新日:2015/08/13 あ行, ボードゲーム

 

今日は斬新なルールが特徴のカードゲーム「いかさまごきぶり」を紹介します。

IMG_0999

 

日本でも割と有名な「ごきぶりポーカー」と同じドライマギア社の小箱シリーズで、

国内でも流通量は多めな作品です。

Emily & Lukas Brand作

ルールはとてもシンプルですが少しスパイスが効いており、盛り上がること間違い無しのパーティーゲームです。

 ■おおざっぱなルール

IMG_1001

 

コンポーネントはカード一式のみ。

IMG_1002

カードの絵柄は6種類あり、それぞれ虫の絵が描いてあります。

各カードの絵柄に付き、1~5までの数字がそれぞれ描いてあります。

ルールは簡単で、まずカード一式をよくシャッフルし、1人8枚ずつ行き渡るように配ります。

 

配られたカードを手札として、自分の番になったら中央の捨て場に、カードを1枚出して行き手札が1番早くなくなった人が勝ちというのが大まかなルール。

IMG_1003

カードの出しかたは前に出されているカードの数字の1大きいor1小さいカードを出していきます。

例えば3が前に出されていたら、4または2の数字のカードを出すことが出来ます。

1が前に出されていたら、2または5を出します。(1と5は繋がっていると考える)

出せるカードがなかったら山札から1枚手札に補充します。

 

根本的なルールはここまでなのですが、これに加えて1つ強烈なルールがあります。

それは…

いかさまをして手札を減らしてよい…

床に捨てるもよし、服の袖に隠すもよし…

ゲームバランスが崩壊しそうなルールですが、いかさまゴキブリという名の通りいかさまをしてよいのです。

強烈だ!

 

いかさまだらけではやはりゲームにならないので、

一応緊張感を持っていかさまをするようになるルールがあり、いかさまの取り締まり役を1人が担当します。

IMG_1005

取り締まり役はこのカードを前においておき、取締役の証とします。

取り締まり役の役割は、他のプレイヤーがいかさまをしているのを見つけたら、

逮捕と言いいかさまを罰することが可能。!

 

罰せられたいかさまをした人は、取締役から1枚カードを受け取り、いかさまをして捨てたカードを手札に戻し、今度はその人が取締役になります。

取締役はいかさまをすることは出来ません。

またカードに書いてある、虫の絵柄によってアクションを行うものがあり、

IMG_1002

例えば上写真の下段中央の蚊を出した場合、蚊のカードを出した人意外はこのカードを叩くというアクションをしなければいけません。

もっともたたくのが遅かったプレイヤーは全員から1枚ずつカードを貰わなければなりません。

 

また上段1番左のクモのカードを出した場合出したプレイヤーは好きなカードを好きなプレイヤーに渡すことが出来たり、

それぞれルールがあります。

このルールがあるため、みんながこのアクションに夢中になっている隙にいかさまを行える絶好のチャンスが出来るわけです。

IMG_1004

 

そしてこのいかさまモスのカードは普通に出すことが出来ず、いかさまをして処分しなければなりません。(笑)

勝つためにはいかさまをしたくなくてもしなければいけないということですね。

取締役だけはこのいかさまモスを出すことが出来ます。

 

手札がなくなったプレイヤーが出た時点でゲーム終了。手札が残ったプレイヤーは残った手札がマイナス得点になります。

マイナス得点が1番少ない人が勝ち。

 

■プレイしたかんそう

個人的にこのゲームはかなり好きで、優秀なパーティーゲームだと思います。

いかさまをしていいという通常のゲームではありえないようなことがルールになっているため、

かなりユニークなカードゲームとなっています。

UNOなどに飽きてしまった方が少し変わったゲームをするのにも適している作品です。

 

見つからないようにいかさまをするスリルもありますし、逮捕されたときも盛り上がり、

カードのアクションもスピード勝負なものがあったりと本当によく出来ています。

え!いついかさましてたの!?とか

あいつ、いつの間に手札が減ってる…

みたいなことが多々おきます。僕は見抜くのが苦手です…

 

いかさまをして捨てなくてはいけないカードがあるのもいいですよね。(笑)

盛り上がること間違いなしなカードゲーム。おすすめです。

あと、プレイ後はカードの枚数を数えるのは必要ですね。なくさないように。(笑)


新品ボードゲームいかさまゴキブリ (Mogel Motte)

関連記事

ワインに合うゲーム?「チーズがいっぱい Alles Käse」

冬といえばボジョレーヌーボーの解禁であったり、 シャンパン飲みながらクリスマスパーティーしたり

記事を読む

名作ボードゲーム「ガイスター」のポーランド版を入手してみた

ボードゲーム好きの方ならご存知、巨匠アレックスランドルフ先生の名作、「ガイスター」。

記事を読む

秋葉原の駿河屋アニメホビー館グランドオープンにボドーゲームを求めて突入

ネット通販でおなじみの、格安ホビーショップ駿河屋。 その駿河屋の実店舗が秋葉原

記事を読む

破産確定の自転車操業「ポンジスキーム」

今回紹介するのは、「ポンジスキーム」です。 「ポンジスキーム」

記事を読む

美麗なイラストと不思議な世界観 協力型2人用ゲーム「そして二人は手を取り合って」

本日取り上げるゲームは2人用協力型ゲーム「そして二人は手を取り合って」です。

記事を読む

僕が2017ゲムマ秋に予約&購入予定しているゲームたち

どうも秋吉です。 2017年ゲームマーケット秋まで残り1週間を切ったわけですが

記事を読む

アナログゲーマーのマストバイアイテム「トランプゲーム大全」

画面の前のアナログゲーマーの皆さんこんにちは。アキヨシです。 アナログゲーマーならぜひとも持っ

記事を読む

最後には全財産かけて勝負?ギャンブルゲーム「ラストチャンス」

本日は、ダイスを使ったギャンブルゲーム「ラストチャンス(Last Chance)/(Yahtzee

記事を読む

ルールもデザインもスタイリッシュなカードゲーム「ZERO -ゼロ」

今回のゲームはライナー・クニツィア (Reiner Knizia)作「ZERO -ゼロ」

記事を読む

短時間で終わるトリテ 何回も遊びたくなる中毒性「5本のきゅうり」

今回紹介するのは私が常にかばんに入れている時期があったぐらいヘビーローテーションしていたカードゲーム

記事を読む

新感覚アクションカルタ 舌を伸ばして振り回せ「ひっつきカメレオン」

今回紹介するのはアクションパーティーゲーム「ひっつきカメレオン」

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

ヴィレッジバンガード福袋2018を仕方がなく開封レビュー

あけましておめでとうございます。秋吉です。 昨年

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑