ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

公開日: : ボードゲーム, ま行

どうも、秋吉です。

先日ゲームマーケットで破格の1個1000円という価格で発売された「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」を開封レビュー!

ゲームマーケット前にネット上でかなり話題になっていた作品。作品自体は目新しくもなく海外版なら普通に入手できるためそこまで話題性に富んだ作品ではないのだが…

話題の中心となっていたのは、日本語化に伴うパッケージの変更にありました。

原版の「MammuZ」は様々なパブリッシャーさんから発売されていますが、今回の日本語版の元にされたのはABACUSSPIELEさんのバージョン。

まずはその2つを並べてみましょう。

 

■ABACUSSPIELEさんのバージョンと比べてみる

どん!

ネット黎明期のテキストサイト風のフォントサイズ拡大効果音を使ってしまいましたが、それほどインパクトのある両者の違いですね。

まず、タイトルですが、絶滅ダウト。確かにゲーム内に絶滅という用語も出てきますし、ダウト要素もあります。

タイトルだけでゲームの概要を表現することに成功しています。

これはインストする側からしたらありがたいですね。

今回遊ぶのは、絶滅ダウトです!といえば、ああ、ダウト系のゲームだなとすぐに共通認識ができあがりますし。

と、いくつか擁護する点を上げたのですが、

まぁ1つだけ言えば…もうすこし何とかできたんじゃないでしょうかね!

「マンモス」とシンプルにカタカナタイトルにしてもよかったですし。

 

タイトルのフォントも散々色々ネット上では言われていましたが…

確かに、ペイントクオリティ彷彿させるようなフォントですもんね…もう少しフォントにデザイン性は欲しかったですね。

裏面もきっちり日本語化されています。ロゴもばっちり入っています!

日本語版のほうが若干色が暗いような気がします。

内箱ですが、左がABACUSSPIELEのもので右側が今回の日本語版。

ABACUSの版によって違うのかもしれませんが、僕の持っているものと比べると日本語版のほうが質が低くそうな紙が使われています。(紙のプロではないため個人的意見)ざらざらしてます。

肝心なカードですが、左がABACUSで右が日本語版です。

エンボス加工もしてあり強度には問題はなさそう。若干、日本語版の背面がエンボス加工が甘くつるつるしているような気がします。

 

■総評

デザインは正直イケてないが、しっかりと日本語のルールブックも入っていて、カードの質も問題なさそうなので、デザインを気にしない人は買いでしょう。

カード自体には日本語も余計な装飾も入っていないので、パッケージだけ別物と考えればよいかと。

値段も1200円とお手頃なので買って損はないでしょう。

ゲームは万人受けするいいゲームなのでストックとして買うのもアリかと。

現在はHemz Universalゲームズさんのオンラインショップで購入できるみたいです。

絶滅ダウト

 

海外版はこちら

amazon マンモス

 

関連記事

噛めば噛むほど味が出るカードゲーム「ライナー・クニツィアの革命万歳」

今回ご紹介するカードゲームは、ボードゲーム界の巨匠、3kの1人ライナークニツィア先生の作品「革命万歳

記事を読む

木駒がかわいいバランスゲーム「チキブーン」

今回紹介するのは、お手軽バランスゲームチキブーンです。 チキブーン

記事を読む

一等地に先行投資?客の動きを読んでお店を開くボードゲーム「マラケシュ」

本日取り上げるのは、ドラのボードゲームマラケシュ(MarraCash)です。

記事を読む

アナログゲーマーのマストバイアイテム「トランプゲーム大全」

画面の前のアナログゲーマーの皆さんこんにちは。アキヨシです。 アナログゲーマーならぜひとも持っ

記事を読む

貴方のことを1番理解しているのはこの私…パーティーゲーム「ベストフレンドS」

先日、パーティーゲーム「ベストフレンドS」をプレゼントで頂いたのでご紹介。  

記事を読む

チーム戦でシンプルな数並べ「ドッグ カードゲーム」

今回紹介するのは、「ドッグカードゲーム」です。  

記事を読む

最後には全財産かけて勝負?ギャンブルゲーム「ラストチャンス」

本日は、ダイスを使ったギャンブルゲーム「ラストチャンス(Last Chance)/(Yahtzee

記事を読む

さらにスリリングな業火の中へ ザゲームの拡張「ザ・ゲーム オンファイヤー(The Game On Fire)」

今回紹介するのは、協力型カードゲーム、「ザゲーム(The Game)」の拡張、

記事を読む

美麗なイラストと不思議な世界観 協力型2人用ゲーム「そして二人は手を取り合って」

本日取り上げるゲームは2人用協力型ゲーム「そして二人は手を取り合って」です。

記事を読む

深い数字の読みあい心理戦カードゲーム「ブクブク」

今回とりあげるのは、カードゲーム「ブクブク(Turn the Tide)」です。

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

ヴィレッジバンガード福袋2018を仕方がなく開封レビュー

あけましておめでとうございます。秋吉です。 昨年

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑