ただ数字タイルを重ねるだけなのに悩ましい…「ナンバー9」

公開日: : な行, ボードゲーム

今回紹介するゲームは、「ナンバー9」です。

ゲームのタイトルと同名の曲が、Beatlesにもありますが因果関係は何もなく、

ただ0~9の数字を使うゲームという観点からゲームのタイトルがつけられたと見られます。おそらく。

このゲームはタイルを使ったパズルゲームなのですが、タイルを使ったパズルゲームとして個人的に思い浮かぶのがウボンゴ。

このゲームはウボンゴのようにスピード性は問われず、まったりゲームが出来るので、ゆったりゲームをしたいときなどにぴったりかもしれません。

 

ゲームのルールは簡単。

コンポーネントには0~9のタイルと0~9の数字が書いてあるカードがそれぞれ2枚ずつ計20枚あります。

ゲーム手順として、個々の手番等はなく全プレイヤー同時にゲームを進めていきます。

20枚のカードをよくシャッフルして、1枚めくります。そこに示されている数字のタイルを各プレイヤーは受け取り自分の前に配置。

これを20枚のカードがなくなるまで続けます。

タイルの並べ方として最低1辺は他のタイルと隣接しているように設置します。

また、タイルの上に重ねることも可能で、重ねるタイルの下に最低2種類のタイルがあればその上に重ねることが可能。

重ねるときに下が空洞になる置き方はNG。

このゲームは重ねれば重ねるほど得点が高くなるため、積極的に重ねていくのがベスト。

最終的に20枚のカードがめくり終わり、20枚のタイルを個々が配置したらゲーム終了。

得点計算ですが、1段目に配置したタイルは0点、2段目は1点、3段目は2点…という風に得点がもらえます。

また配置タイルに示されている数字に得点がかけられるため、3段目に7のタイルを置いていた場合は7×2=14点もらえるわけです。

それゆえに、たとえ5段目に0のタイルを置いたとしても0点というわけです。

最終的に得点が最多だったプレイヤーが勝利。

 

■ゲームをプレイした感想。

先日、日本語版がメビウスさんから出たので即購入。

見た目もポップなイメージで、ゲームを終えた絵は、今話題のインスタ栄えすること間違いなし!?

僕はインスタをやっていないのでよく分かりませんが。笑

ゲームは冒頭に書いたとおりまったりプレイできます。

ウボンゴや、スピード系のパズルと違い急かされずゆっくりと考えてプレイできる内容です。

各プレイヤー間にランダム要素はないため、皆同じ条件下なのですが、

最終的な得点が異なるというところに人間の思考多様性を感じます。

また、9や8など高得点になりうるキータイルはなるべく上の階層に配置したいのですが、形が大きかったり歪だったりで、

なかなか簡単に置けないようになっています。なやましい、いやらしい。

置く場所がなく、高得点キータイルを、得点にならない最下層に置かざるをいけないことも…

この期に及んで地盤開発かよーとゲーム終盤に頭を抱えながらつぶやくこともしばしば。

プレイ感はかなりかるいので、人を選ばず気軽に出来るゲームなので、ゲーム会の序盤や、端休め、家族と軽くやるときにおすすめです。

 

関連記事

「ロストレジェンド 完全日本語版」開封レビュー

昨年、2014年冬ごろにアメリゴと一緒に予約して2015年春先に発売される予定であった、ロス

記事を読む

お洒落なコンポーネントでワードバトル「ニットウィット」

今回紹介するゲームは見栄え抜群のワードゲーム「ニットウィット」です。

記事を読む

脳をフル活用しろ!思考系ボードゲーム「マイクロロボット」

今回紹介するのは、ボードゲーム「マイクロロボット」です。 「ハイパーロボット」

記事を読む

新感覚アクションカルタ 舌を伸ばして振り回せ「ひっつきカメレオン」

今回紹介するのはアクションパーティーゲーム「ひっつきカメレオン」です。

記事を読む

破産確定の自転車操業「ポンジスキーム」

今回紹介するのは、「ポンジスキーム」です。 「ポンジスキーム」

記事を読む

毒々しいモンスターたちが村に襲ってくるカードゲーム Peasant Buffet

kickstarterにて個性のある絵柄のカードゲームPeasant Buffetが出資を募っていま

記事を読む

地理も学べる!うんちくクイズバトルゲーム「テラ~わたしたちの地球」

今回取り上げるのは、雑学クイズゲーム「テラ(TERRA)~わたしたちの地球」です。  

記事を読む

同じハンドサインを探し出せ!リアルタイムパーティーゲーム「ハンズ」

今回とりあげるのは、リアルタイムパーティーゲーム「ハンズ」です。

記事を読む

特殊能力のオンパレードな度胸勝負「デッドマンズドロー」

今回紹介するのは、カードゲーム「デッドマンズドロー」です。 デザイン違いでドイツ語版も

記事を読む

社員に給料を払うのがつらい…「ナショナルエコノミー」

先日ゲームマーケット2015秋にて、「ゲーム工房スパ帝国」さんから購入してきた「ナショナルエ

記事を読む

簡単な神経衰弱のはずなのに…面白い…「メモアァーール!」

今回紹介するのは、メモリー系ボードゲーム 「メモアァーール」です

タリーズ缶コーヒーの懸賞商品が到着2018 開封レビュー

どこでも気軽にコーヒーが飲める昨今。コンビニコーヒーやペットボト

新感覚アクションカルタ 舌を伸ばして振り回せ「ひっつきカメレオン」

今回紹介するのはアクションパーティーゲーム「ひっつきカメレオン」

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑