チーム戦でシンプルな数並べ「ドッグ カードゲーム」

公開日: : 最終更新日:2016/01/21 た行, ボードゲーム

今回紹介するのは、「ドッグカードゲーム」です。

DSC_9938 

デザイナー:

Michael Kiesling

Wolfgang Kramer

プレイ人数:2-4人

所要時間:20分

 

クラマー&キースリングスの黄金コンビによるカードゲーム。2014年に、Schmidt Spieleから発売されました。

2016年には、アークライトさんから日本語版もでるそうです。

 

■概要

シンプルな数並べカードゲームです。2、3人プレイ時は通常対戦、4人プレイ時は2VS2のチーム戦で戦います。

いち早く1-14のカードを自分の前に並べたら勝利という単純なルール。

自分の手番に出来ることはざっくり、

1.場のカードの購入

DSC_9940

場にはカードが13枚並べられています。手番には、これらのカードの中から欲しいカードを1枚購入することが出来ます。

左から数えて、欲しいカードの並べられた位置の数字のカードを捨て札とすることによって購入できます。

例えば左から4番目の8のカードが欲しい場合は、手札から4の数字のカードを捨てることによって購入可能。

カード購入後、場の開いたスペースには山札からカードを1枚補充します。

 

2.特殊カードの効果を使う

赤い色のカードは特殊効果を持つカードです。数字が書いてあるものは数字としても使えますが、

特殊カードとして効果を使うことも出来ます。

特殊効果を使うには、そのカードを捨て札にすれば使うことが出来ます。

例えば7のカードは山札から7枚見て好きなカード1枚手札に加えることが出来たり、14のカードは捨て札から1枚手札に加えたりなど、

バリエーションに富んだ効果があります。

3.列を作る

勝利条件となっている列を作ることが出来ます。1のカードから数字を大きくしていくように自分の前に出していきます。

DSC_9941

1ターンに1枚だけ出すことが可能。

1枚出したら1枚山札から引いて手番終了。

 

4.ジョーカーを交換する

自分の列に出しているジョーカーのカード(?と書いてあるカード)を手札に回収して、そこに値するカードと交換します。

上の写真だと、4のカードとジョーカーを交換することが出来ます。

 

5.カードを捨ててカードを引く

 

これを繰り返し、2、3人プレイなら、各自列を2つ、4人プレイなら各チームで列を1つ作れば勝利です。

 

■プレイした感想

んー地味ですねー。シンプルなルールなのはいいんですけど、プレイ感が地味です。

特殊効果ありの数並べなのでシステムが古いっていうか、よくありそうなゲームです。

相手を攻撃するカードもあるので、先に列作りを進めているやつが攻撃されるのは当たり前なわけで、結局みんなの足並みがそろって差がつかない展開に。

チーム戦にして味付けているつもりだと思いますが…

好きなデザイナーのクラマー&キースリングスなだけあって期待してたので少し残念でした。

 

クラマー&キースリングのドッグカードゲーム 完全日本語版

関連記事

見栄えも抜群 意外に落ちないバランスゲーム「リベリウム」

今回紹介するゲームはバランスゲーム「リベリウム」です。 このゲームはゲームマー

記事を読む

さらにスリリングな業火の中へ ザゲームの拡張「ザ・ゲーム オンファイヤー(The Game On Fire)」

今回紹介するのは、協力型カードゲーム、「ザゲーム(The Game)」の拡張、

記事を読む

ワインに合うゲーム?「チーズがいっぱい Alles Käse」

冬といえばボジョレーヌーボーの解禁であったり、 シャンパン飲みながらクリスマスパーティーしたり

記事を読む

特殊能力のオンパレードな度胸勝負「デッドマンズドロー」

今回紹介するのは、カードゲーム「デッドマンズドロー」です。 デザイン違いでドイツ語版も

記事を読む

数字を数えるだけだけどパニックになったら即アウト「7人のマフィア」

今回紹介するのは、パーティーゲーム「7人のマフィア」です。 この作品は、買って

記事を読む

お洒落なコンポーネントでワードバトル「ニットウィット」

今回紹介するゲームは見栄え抜群のワードゲーム「ニットウィット」です。

記事を読む

ノリと勢いと反射神経で 簡単で盛り上がるパーティーゲーム「リングスアップ!」

今回遊んでみたのはお手軽パーティーゲーム「リングスアップ」です。

記事を読む

名前を呼ぶだけで大盛り上がり 混ぜて遊べる「ナンジャモンジャ2」

お手軽パーティーゲーム、ナンジャモンジャのシリーズ2、「ナンジャモンジャ2」をご紹介。 ロシア

記事を読む

最後には全財産かけて勝負?ギャンブルゲーム「ラストチャンス」

本日は、ダイスを使ったギャンブルゲーム「ラストチャンス(Last Chance)/(Yahtzee

記事を読む

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

ヴィレッジバンガード福袋2018を仕方がなく開封レビュー

あけましておめでとうございます。秋吉です。 昨年

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑