ルールもデザインもスタイリッシュなカードゲーム「ZERO -ゼロ」

公開日: : さ行, ボードゲーム

DSC_9368

今回のゲームはライナー・クニツィア (Reiner Knizia)作「ZERO -ゼロ」

最近テンデイズゲームズさんから日本語版が発売しましたので、入手はしやすいと思います。

原版はスタイリッシュなデザインでしたが、日本語版もオリジナルを崩さずカッコいいです。

ゲームのルールはシンプルです。

詳しいルールは他サイト様が書いてくださっていると思うのでざっくり紹介します。

カード構成は1~8までのカードが7色分あります。

カードは各プレイヤー9枚配られて、場には5枚のカードを表にして並べます。

それ以外の余ったカードはゲームには使用しません。

DSC_9376

この場のカードと手札のカードを交換していき、手札に役を作っていきます。

自分の番にできるのは、以下の2つのうち1つ。

 

1.交換: カードを1枚場に出し、場から1枚手札に加える。

2.ノック:机をノックして、カードを交換せずパスをする。

 

ゲームの目的はいかに手札のマイナス得点を減らせるかというものです。

ゲーム終了時に手札の数字の種類分マイナス得点になります。

例えば8が3枚、2が4枚、1が2枚の場合は、マイナス11点となります。

マイナスを減らす方法として、

DSC_9381

同じ数字を5枚以上集めると、その数字は0点となります。上の写真の例であると、8と5でマイナス13点となります。

DSC_9380

同じ色のカードを5枚以上集めても0となります。この場合も13点。

そして、上の2つの条件を組み合わせると…

DSC_9382

0点となります。

エレガント!

ゲームの終了条件は、2回目のノックが行われたら、最後に各プレイヤー1手番ずつ行いゲームが終了。

2回目のノックはゲーム終了の合図ということですね。

最もマイナス得点が少ないプレイヤーが勝利。

 

■プレイした感想

ルールはすごくシンプルでかつ美しい。

ノックすることをゲームに取り入れているのでなんかカッコいい(厨二病)。

実際にプレイしてみると、ゼロを作るのはかなり難しい。

しかも、ノックを2回することでゲームが終了するため、え!もう終わり!となることが多かったです。

他の人が集めていそうなものを出すと、他の人に有利な状況を作り出してしまいますが、それよりもいつ終わるか分からないので手札のリスクを減らすことを優先させてしまうもどかしさ。

といっても、みんな手札のリスクを減らそうと必死なので、そこまでジレンマがあるわけではない印象。

ちょっとだけ物足りないかな。

しかし、ルールはシンプルでプレイ感もかなり軽いので、気楽にできる点はいいですね。

デザインやノックもカッコいいのでバーなどでやったらいい絵がとれるかも。

日本語版も出ているので入手しやすいため、気になる方はプレイしてゼロを作ってみてください。

 

ゼロ 日本語版

関連記事

見栄えも抜群 意外に落ちないバランスゲーム「リベリウム」

今回紹介するゲームはバランスゲーム「リベリウム」です。 このゲームはゲームマー

記事を読む

特殊能力のオンパレードな度胸勝負「デッドマンズドロー」

今回紹介するのは、カードゲーム「デッドマンズドロー」です。 デザイン違いでドイツ語版も

記事を読む

カードゲームドミニオンの第10拡張「Empires」発売決定

世界的に人気のあるデッキ構築型カードゲーム”ドミニオン&rdqu

記事を読む

貴方のことを1番理解しているのはこの私…パーティーゲーム「ベストフレンドS」

先日、パーティーゲーム「ベストフレンドS」をプレゼントで頂いたのでご紹介。  

記事を読む

ホットドッグを売りさばけ おなかが減ってくるカードゲーム「ホットドッグ HOT DOG」

今回は僕のお気に入りのカードゲームを紹介したいと思います。 HOT D

記事を読む

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

記事を読む

きもキャラ大集結「ナンジャモンジャ(なまえをよんで)」

今回は誰とでも簡単にプレイできるメモリー系パーティーゲーム「ナンジャモンジャ(なまえをよんで

記事を読む

よってたかって毒薬を…カードゲーム「ポイズン(POISON)」

今回は手軽にじりじりとした駆け引きが楽しめるカードゲーム、ポイズン(POISON)を紹介。 ポ

記事を読む

地理も学べる!うんちくクイズバトルゲーム「テラ~わたしたちの地球」

今回取り上げるのは、雑学クイズゲーム「テラ(TERRA)~わたしたちの地球」です。  

記事を読む

男気が試されるチキンレース「スリル thrill」

今回紹介するゲームはスリル(Thrill)です。 クラマー先生の古い作品ですね

記事を読む

木製の手触りに感動 名作数字推理ゲーム「ドメモ」 をコンポーネントレビュー

どうも、秋吉です。 今回紹介するゲームはランドル

万台書店のPSVita福袋開封レビュー2018

どうも秋吉です。 今日はまだお正月ということで、

ヴィレッジバンガード福袋2018を仕方がなく開封レビュー

あけましておめでとうございます。秋吉です。 昨年

ダウト系カードゲーム「マンモス」の日本語版「絶滅ダウト」が発売されたので開封レビュー

どうも、秋吉です。 先日ゲームマーケットで破格の

お気軽なアンケートゲーム「みんなのイ~ブン」

本日取り上げるのは、パーティーゲーム「みんなのイ~ブン」です。

→もっと見る

  • Author:秋吉(akiyosi)
    チョコレートとゲームとカメラが好きな少年
    好きな女性のタイプは第08MS小隊のアイナサハリン。

    ふらふら生きてます。マイペースにすごすがモットー。
    mail: akiyos_akiyos@live.jp
    Flickr

PAGE TOP ↑